青山隼が嫁と結婚!サッカーの引退理由は?篠ひろ子との関係について。

元サッカー選手の青山隼さんが嫁と結婚したエピソードを公開!

サッカーの引退理由についても言及します。

そして、俳優としても活躍する青山隼さんと女優篠ひろ子さんとの関係にも注目!

 

青山隼の結婚した嫁

サッカー選手から俳優に転身した異色の経歴を持つ青山隼さん。

現役時代からイケメンということは知られていましたが、思い切った転職ですよね。

そんな青山隼さんを支えたのが、結婚して嫁になったアナウンサーの島川未有(しまかわみゆう)さんです。

 

島川未有を紹介

青山隼さんのお嫁さん、島川未有さんの経歴を簡単にご紹介します。

スポンサードリンク

島川未有さんは現在32歳。

四国放送のアナウンサーをされています。

最終学歴は名古屋大学を卒業されて、在学中にミス安城七夕に選ばれています。

大学を卒業した後に四国放送に採用されて、地上デジタル放送推進大使を任務しました。

以前は可愛すぎるアナウンサーとしてネットで話題になったこともあります。

島川未有さんの画像がコチラ。

確かに可愛らしいですね。

女子アナの定番といった感じもしますが・・・。

 

出会い

そんなイケメンで人気のあった青山隼さんと、正統派女子アナとして活躍していた島川未有さんの出会いは何だったのでしょうか?

青山隼さんがサッカー戦油として、徳島ヴォルティスに所属している時に出ったんでしょうね。

現に島川未有さんは徳島ヴォルティスのピッチリポーターをしています。

スポーツ選手と女子アナのよくある話しです。

ド定番中のド定番。

でもくくりとしては一応職場結婚と言っても嘘ではないですね。

 

青山隼のサッカー引退の理由

2006年に名古屋グランパスのユースからトップチームへ昇格しプロとしてのキャリアをスタートさせました。

2008年に徳島に加入し、2011年には浦和レッズへ完全移籍しましたが、1年後に徳島へ復帰していました。

そんな青山隼さんの引退の裏側には色々なドラマがありました。

 

引退理由を語る

ひと言でいうと、「自分流のサッカーへの向き合い方がズレてきている」という理由だったようです。

自身が思案するプレーが表現出来ないことがあり、サッカー選手なのだという自己に関しての追求に、実績を開始させた時との不一致があることに気付きました。

その気持ちがいつもの訓練に貧欲に臨もうとする自分自身との葛藤を生み、その葛藤に勝てない以上、プロサッカー選手という形でこれ以上ピッチに立つわけには行かないと思い、プロフェッショナルの選手という身分での歴史を本日終えることを決心したわけです。

こう語った青山隼さんですが、ちょっと難しい表現で分かりづらいかな?と思うので個人的な解釈をすると、「理想と現実は違った」ということなのかな、と思います。

スポンサードリンク

 

挨拶文

青山隼さんは徳島ヴォルティスの公式サイトで、引退の挨拶文を掲載しています。

「本日をもって引退することを決断しましたのでご挨拶させていただきます。

これまで9年半、試合に出ている時もそうでない時も、熱く応援してくださったファン・サポーターの皆様、ありがとうございました。

そして、大きな怪我もなく丈夫な身体に育ててくれた両親、サッカーをするきっかけを作ってくれた兄に、今まで以上に感謝の気持ちを伝えたいと思います」と引退を報告。

27歳での現役引退には早すぎるとの声も多かったと思いますが、「自分の思い描くプレーが出来ない」と思ってしまっては、続けていくわけにはいかなかったのでしょう。

それは、家族をファンを裏切ることにも繋がります。

そして「年代別代表として日の丸の入ったユニフォームを着て世界の同世代のトップレベルと戦うことができたことは、今日に至るまで常に自分のサッカー選手としての考えの礎になりました。

僕のサッカー選手としてのキャリアは徳島ヴォルティスというクラブの発展と共にあったという思いが強いです。

名古屋グランパス時代の恩師である元強化部長の中田仁司さんに徳島ヴォルティスでプレーするチャンスをもらったのが21歳の時、そして浦和レッズへの移籍を経て、もう一度ヴォルティスに戻ってJ1昇格を成し得た2年前の国立、あの日は生涯忘れることのない一日です」と現役時代の思い出を振り返っている。

小さい頃からサッカーをしてきて、人生全てを賭けてのサッカー人生だったと思います。

綺麗な思い出も、辛かった思い出も数多くあると思いますが、サッカーと共に駆け抜けた半世紀だったのではないでしょうか?

 

青山隼と篠ひろ子との関係

青山隼さんはサッカー選手を引退後、俳優へと転身しました。

最近では「相棒」に出演するなどして、その知名度を広めています。

青山隼さんを検索すると「篠ひろ子」というキーワードにヒットしますが、2人の関係って何なんでしょうね?

実は、あの大女優の篠ひろ子さんは、青山隼さんの伯母に当るそうです。

血筋としても俳優向きだったのかもしれませんね。

青山隼さんが俳優へと華麗なる転身を遂げた裏側にはこんなことがありました。

たまたま知り合いから冗談交じりに「引退したら芸能関係はどうか?」と言われことだった。

だが、大きな後押しになったのは伯母・篠ひろ子さんと夫である伊集院静さんからの言葉だった。

篠ひろ子さんは僕の母の姉です。

芸能は厳しい世界、サッカーも厳しかったと思うが、でもやってみてもいいんじゃないと言われました。

『サッカーで培った、スポーツマンのメンタリティー、負けず嫌いなところなどを活かすといいよ』とアドバイスをくれました。

青山隼さんの小さい頃からを知っているからこそのアドバイスですね。

旦那さんの伊集院さんからは『お前の人生だから、お前が決めれば』と言われました。

ただ、最後に『やるからには、しっかりと覚悟を持ってやりなさい』と言われたのが後押しとなりました」

サッカー選手と俳優とは全く違う世界ですが、新しい世界へ飛び込む勇気を篠ひろ子さんと伊集院さんからもらったのでしょうね。

今後、益々の活躍が期待出来ます。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)