橋本塁の嫁で結婚相手はどんな人?鬱の病気の噂やワンオクとの関係。

今回は、フォトグラファーの「橋本塁」さんの嫁について調べてみましょう。

また、鬱のうわさやワンオクとの関係についても調査していきます!

橋本塁の嫁

橋本塁さんの嫁は「エリ」さんという、1982年4月15日生まれの女性で、出身は埼玉県さいたま市岩槻区だそうです。

20歳前後はガングロギャルだったと言われているエリさんとはどんな女性なのでしょうか?

「嫁a.k.a妖精」とは?

橋本塁さんは、嫁のことを「嫁a.k.a妖精」と呼び、自身のツイッターに嫁のことをよく投稿しているようです。

この「嫁a.k.a妖精」というあだ名は、PUFFYの大貫亜美さんが付けたそうです。

そして、「嫁a.k.a.妖精bot」というツイッターのアカウントもあり、このアカウントでは橋本塁さんの嫁のエリさん(嫁a.k.a妖精)のいろいろなエピソードが投稿されています。

スポンサードリンク

嫁の天然エピソード

※奥のカウンター内の女性が嫁のエリさんだそうです

ツイッターアカウントの「嫁a.k.a.妖精bot」に投稿された記事をみると、嫁の天然さやご夫婦の仲睦まじさをうかがうことができます。

それでは、いくつかツイートをご紹介しましょう。

お二人のなかの良さが伝わりますよね。

他にも、

ヨドバシカメラの炊飯器コーナーで嫁a.k.a妖精が意気揚々と最新機種をみて俺に「ルイ君来て来て!!このジャーにはチャーハンボタンが付いてる!パラパラになるのかな~!?」そりゃ凄い!と近寄って確認したら、シッカリと炊飯ボタンと書いてました。。

など、嫁の天然エピソードが満載のツイートは2011年で投稿が止まっているようで残念です。

橋本塁の活動

1976年に北海道伊達市で産まれた橋本塁さんは、24歳の時にジーンズのパタンナーから突如カメラマン転身しました。

現在幅広く活躍中の橋本塁さんの主な活動について見てみましょう!

ライブ写真家として

雑誌『ollie magazine』の社員カメラマンを経て、2005年にフリーランスとして独立。

橋本塁さんがカメラマンになったのは、あるバンドのライブがきっかけでした。

「16年ほど前に下北沢のシェルター(ライブハウス)に行った時、あるバンドがあまりにも格好良くて、使い捨てカメラで撮ったのが最初ですね」

そのバンドとは、『Hawaiian6』。

そのライブの格好良さに圧倒された橋本塁さんは、持っていた「写ルンです」のシャッターを夢中で押していたそうです。

スポンサードリンク

これをきっかけに、フォトグラファーに転身した橋本塁さんは、昼は雑誌「ollie magazine」の社員カメラマンとして勤務し、夜は好きなバンドのライブ写真を撮る日々を3年半続けたそうです。

その後フリーになった橋本塁さんは、横のつながりを大事にしていたことから、営業をしなくても仲のいいバンドからの紹介などで仕事が入ってくるようになり、ライブ写真家としての独立を成功させたそうです。

ワンオクとの関係

写真】真ん中が橋本塁さん

2006年12月のワンオク(ONE OK ROCK)の初ワンマンライブの時から、ライブ写真を橋本塁さんが撮り続けています。

※橋本塁さんが撮ったワンオクの写真

10年以上もワンオクのライブ写真を撮り続けている橋本塁さんだからこそ撮れるワンオクの表情など、貴重な写真をツイッターでも紹介しています。

写真】ライブ直後のワンオク

今では公私ともに仲がいいそうです。

 

ブランド「スティングレイ」

橋本塁さんは、フォトグラファーになる前は、アパレル業界で働いていました。その経験を活かして現在アパレルブランドも手掛けています。

ブランド名は『STINGRAY(スティングレイ)』。

チャットモンチーのaccoさん、Riddim SaunterのTA-1さんと橋本塁さんの3人で立ち上げたこのブランドのコンセプトは「ドット」。

ドット柄好きの3人が、自分たちがほしいと思うものだけを作っていくという。「ドットの日」という10年10月10日に、ブランドオフィシャル・サイトがオープン。

立ち上げ当初はネット販売のみだったスティングレイですが、今では期間限定ショップを各地でオープンしています。

ドット大好きな橋本塁さんは、カメラももちろんドット柄です。可愛いですね!

鬱のうわさとは

「橋本塁」の検索ワードで出てくる「鬱」について調べてみました。

「2016年がもうすぐ終わりますね。 今年も全ての皆々様には大変お世話になりました。  今年の初旬から中盤にかけては 飛行機系のトラブルにやたら巻き込まれたりw 色々なキツい出来事が重なり鬱病になり、 ものすごく落ち込みカメラマンもSTINGRAYも全部辞めて地元に戻ろうとしました。 「ザ・前厄」な一年でしたが、 色々な出会いが僕の価値観や考え方をぶっ壊してくれた事により生き方が変わった後半でした。  来年は「ザ・本厄」ですが 全部をぶっ飛ばすぐらいに一年を駆け抜けたいと思います。 色々変えていこうと思っております。

これは、2016年の大みそかに、橋本塁さんがインスタグラムで投稿した内容です。

鬱病になり」と書いてありますね。他に詳しい情報などは見つけられませんでしたが、以前はこんなことも言っていました。

僕にとって、写真を撮っているときが一番集中できる”“の状態なんです。普段はいろんなこと考えて生活してるじゃないですか。いい意味でストレス発散になりますし、スポーツのような爽快感もあります。実は僕、ライブ写真を1週間撮らないと体調悪くなっちゃうんですよ(笑)。写真の腕も鈍りますし。ライブ撮影が立て続けにあったほうが調子いい。

橋本塁さんは、本当にライブ写真を撮ることが好きなんですね。まさに天職という感じですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)