すぎむらしんいちの嫁は?東村アキコとの関係について!

今回は北海道出身の漫画家・すぎむらしんいち先生について調べていきます。

漫画の他にも筋肉少女帯や真心ブラザーズのCDジャケットイラストも描かれていたため、もしかしたら皆様のお手元にもすぎむらしんいち先生のイラストがあるかもしれませんね。

そんなすぎむらしんいち先生の奥様とは?また売れっ子漫画家・東村アキコ先生との噂とは?をまとめていきたいと思います。

 

すぎむらしんいちについて

(写真:右)

すぎむらしんいち先生はサブカル系の漫画を描かれていらっしゃるので、もしかしたらお名前を聞いたことがない方もいらっしゃるかもしれませんが、2016年に『ホテル・カリフォルニア』が福士誠治さん主演で舞台化するなど、マニアには有名な漫画家さんでいらっしゃいます。

第14回ちばてつや賞ヤング部門大賞受賞。

各種サブカルチャーに詳しく、ヤクザ・ヤンキーからマニア・オタクまでを含む、多彩な登場人物が繰り広げる物語を描いている。

ちばてつや賞といえば知名度もありますし、大賞の該当がない年もあることから、そうそうもらえる賞ではないと思いますので、実力は確かなものなようです。

スポンサードリンク

すぎむら先生の漫画の特徴としては絵柄も話もクセがあり、万人受けするかと言われればなんとも言えないところですが、ハマる人にはズバっとハマる漫画になっているようです。

 

嫁はどんな人なのか?

さて、そんなサブカル界の巨匠・すぎむらしんいち先生の奥様とは一体どのような方なのでしょうか?

すぎむらしんいち先生の奥様は、同じく人気漫画仲間であった「風間やんわり」先生の実のお姉さんです。

奥様については残念ながら、結婚時期やお名前などの詳細は明かされておりませんでしたが、すぎむら先生のTwitterを遡ると「ゆきこ」さんという方が「弟である風間やんわり」さんを偲ぶ内容の投稿をされていたので、お名前は「ゆきこ」さんなのかもしれません。

お子さんについても情報がなかったため、奥様と二人で過ごされているのではないでしょうか。

 

馴れ初め

馴れ初めについては、すぎむら先生本人がTwitterで語っていました。

風間やんわりとタイム涼介が合コンしててオレを読んで(原文ママ)くれたんだけど女子全員帰っちゃって「やんわり何とかしろこの野郎」と荒れるオレに「じゃあオレの姉ちゃん呼びます」と呼び出してくれたのが・・・

今の妻です。

なんと、そんな経緯だったとは!ケガの功名というやつでしょうか?

なんだか運命を感じてしまいますね。

 

義弟・風間やんわり

スポンサードリンク

風間やんわり先生は2013年10月22日、36歳の時に肝機能障害のため急逝されています。

ヤングマガジンで絶賛掲載中であった「食べられません」が絶筆になり、当時のファンの方たちは悲しい思いをされたことと思います。

この「食べられません」は風間先生のデビュー作で18年も連載が続いていたというのですから、すごく残念ですね。

すぎむらしんいち先生も、ヤングマガジンで多数の漫画を執筆されていましたので、その悲しみは途方もないことであったと思われます。

なんせ奥様との出会いも風間やんわり先生がいたからであって、よき親友・よきライバル・よき家族として共に人生を歩んでいたのだと思うと、こみ上げてくるものがあります。

 

東村アキコとの関係とは?

すぎむらしんいち先生について調べていると、よく東村アキコ先生のお名前があがってきていました。

東村アキコ先生といえば『海月姫』をはじめ、『東京タラレバ娘』や『主に泣いてます』など人気漫画を多数執筆されている超売れっ子漫画家さんです。

また、美人漫画家としても有名で、一時期CMに出演されていたりと、なにかと話題が尽きない漫画家さんです。

さらには自身で「東村プロダクション」なるものを設立し、漫画だけではなく俳優のマネジメントや、コント・漫才などの創作を行ったりなど、こちらもすぎむらさん同様、サブカルチャーにとてもよく精通している方のようです。

そんな東村アキコ先生とすぎむらしんいち先生との関係とは一体どういったものなのでしょうか?

簡潔に言うと、すぎむら先生とアキコ先生はお友達です。

大親友と言ってもいいくらいの仲で、すぎむら先生のご家族と、アキコ先生のご家族でよくキャンプに行ったりなど、親睦を深めているようですね。

最近すぎむらしんいち先生と一緒に2家族でキャンプに行くのにはまってるんですが、今週末晴れるかな~

私、アウトドアとか昔から苦手だったんだけど子供とキャンプに行くのは本当に楽しいです。

このツイートに出てくる「子供」はアキコ先生の息子さんのことではないかと思われますが、すぎむら先生にもお子さんがいらっしゃるようにも見受けられるので、謎は深まるばかりでした。。

なぜ関連ワードにアキコ先生が出てくるのかというと、「ユリイカ」という雑誌でアキコ先生の特集が組まれた時に、友人としてイラストを出された作家さんのうちのひとりが、すぎむら先生であったからだと思われます。

ちなみに、アキコ先生は一人目の旦那さんとは2008年に、二人目の旦那さんとは2017年に離婚されていますので、すぎむら先生と何か浮いたお話があるというわけではありませんでした!

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)