ねづっちの嫁は?創価学会員なの?現在や性格について!

お笑い芸人のねづっちさんの嫁や創価学会、現在や性格などの噂をまとめていきたいと思います。

 

ねづっちのプロフィール

こちらはねづっちさんのプロフィールになります。

本名:根津俊弘(ねづ としひろ)
生年月日:1975年2月18日
出身地:東京都日野市
身長:182cm
血液型:O型
最終学歴:東洋大学法学部卒業
職業:お笑い芸人
コンビ名:ケルンファロット → ケルン(1995年 – 2003年)Wコロン(2004年 – 2015年)
相方:諸藤潤(ケルンファロット/ケルン)木曽さんちゅう(Wコロン)
事務所:プロデューサーハウスあ・うん
活動期間:1997年~

中学時代からお笑いの道を志しており、東洋大学法学部に在学中、お笑いのライブに誘われた事がきっかけとなり、本格的にお笑い芸人として活動していくことになります。

諸藤潤や木曽さんちゅうとケルンファロットやWコロンといったコンビを組んでいましたが、現在では解散し、以後ピン芸人として活動されています。

謎かけ芸を持ちネタとし、お題を出す前の「整いました!」という台詞は2010年の流行語大賞にも選ばれていたようです。

全然知りませんでした(笑)。

 

結婚した嫁について

ねづっちさんが結婚した嫁について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ねづっちさんは2010年6月19日放送の「メレンゲの気持ち」にて、7年間交際していた6歳年上の一般女性へ公開プロポーズを行い成功し、結婚をしているのです。

しかし、ねづっちの嫁の情報はほとんどネット上に公開されていることもなく、同時に子供がいるかどうかという情報すら見つかりませんでした。

ねづっちさんが公開プロポーズをしたのは2010年のことですが、その後は二人の結婚に関してもあまりメディアで報道されることもなかったので、人気が下火だったからどこも注目していなかったのかもしれませんね…。

公開プロポーズをされたとのことですが、それ以外の情報が少ないので紹介が難しいですね。

その他の情報で唯一分かったのが、スケート選手の羽生結弦さんのファンであるという事だけでした(笑)。

テレビで羽生結弦君が出ている時に話しかけると

「羽生君の時に話しかけたらボッコボコにすっかんな!」と言われたり、

「お前よ~、羽生くんと一緒に仕事するとかないのかよ!お前がサンドウィッチマンのお二人みたいに仙台出身なら接点あったかもしれないのに何で東京出身なんだよ!」と言われたりなどということがあったそうです。

かなり明るくさばさばしており、お笑い芸人の奥さんらしい性格である事が伺えますね。

夫婦関係において退屈しなさそうで羨ましいです(笑)。

 

創価学会員なの!?

実は、ねづっちさんは創価学会員であるという事で知られています。

ねづっちさんが創価学会の機関紙・聖教新聞が月2回発行している創価新報の2010年7月21日付けに登場。

「信心で『整いました!』芸の世界で夢を実現」という大見出しが踊った。

インタビュー記事によれば、ねづっちさんがお笑いの道に進もうと思ったのは中学生の時。

一方で古文も好きで国語の教師もいいと思っていた。しかし大学受験に失敗。

スポンサーリンク

そんな時に友達からお笑いライブに誘われた。

行ってみると中学生の時の夢を思い出し、再びお笑いの道に進むことを決意。

そのライブに誘ってくれた友人の誘いで創価学会に入会したのだという。

「折伏(勧誘)してくれた友達との出会いがなかったら、僕も、お笑いの道に入っていなかったかもしれません」とねづっちさんは答えている。

ねづっちさんは創価学会の芸術部員だそうであり、

「僕は1日1時間の唱題を続けています。どんなに忙しくても、いつも御守りご本尊を携帯して、執念で一時間やっています」

ということですから、かなり強い信仰心をもっているようです。

創価学会というのは芸能人にはよく噂されますが、正直言ってあまり良い評判はありません。

怪しいカルト宗教といった印象が強いということもあり、ねづっちさんが創価学会員であるということに幻滅したという方も少なくありません。

ネット上では、

「才能あると思っていたのに幻滅した」
「一気にブレークしたのは創価の力か」
「ショックだわ。ねづっちの顔が気持ち悪く見える」

といった意見がかなり多いみたいです。

さらに、この時の創価学会員カミングアウトを境に仕事が少なくなり、事実上干された芸能界を干されてしまったという情報も。

確かに、ここ最近ねづっちさんをテレビで見る事はない気がします。

まあ、創価学会員だという事実が無かったとしても、彼のなぞかけネタはそれほど笑いを誘うものではありませんからね…。

 

現在はYouTuber!?

そんなわけで、テレビから姿を消してしまったねづっちさん。

現在はどのようにして生活されているのかについて調べてみたところ、なんとユーチューバーになっているみたいです!

ただ、結論から言うと、あまり注目されていない模様(笑)。

この件について、最近なんかのインタビューでねづっち答えてたけども…

本人も、YouTuberなら、そこそこやっていけるのでは?なんて軽く考えていたみたい。

うん。そんなに甘くないよwww

あとは、やっぱり、宗教的な要素を感じちゃうので、なんていう…見方が分からないのよね。

私が彼のYouTubeチャンネル「ねづっちチャンネル」を確認したところ、チャンネル登録者数は7000人程度で、再生回数に至っては、1000回すら回っていない、400~500回再生の動画が殆どでした。

恐らく、これまでにアップロードしてきた動画全ての再生回数を合計しても、ヒカキンさんの動画一本の再生回数にも届かないでしょうね。

また、人目を引くサムネイルや文字の戦略が全く練られていません。

↑こんな感じで、淡々とした動画が毎日アップロードされているようです。

一応広告はついていましたが、この再生回数ではとても生活費をまかなう事は出来ないでしょうね…。

YouTuberを本業としてされている方は、ネット上のマーケティングについてはそれなりに知識を持っていますから、マーケティングをテレビの力に頼っていたお笑い芸人ではとても太刀打ちできないというのが現実のようですね。

彼が現在どのようにして生活費を工面しているのか・・・。

それがただただ心配です(笑)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)