今岡誠の嫁は今岡梨惠。ハゲがヤバイ?野村克也との関係は?

今回は元プロ野球選手の今岡誠(いまおか まこと)さんについてみていきましょう。

今岡誠の嫁は?

元プロ野球選手(内野手)としてその名前を広く知られている今岡誠さん。

1996年のドラフト会議で阪神タイガースに1位指名を受け、星野監督時代の2003年に打率・340で首位打者を獲得している実力者です。

その類まれなるバッティングセンスから「天才」と呼ばれ、阪神タイガース時代に「恐怖の先頭打者」や、「チャンスの鬼」として大活躍し!

現役引退後は日刊スポーツの野球評論家・毎日放送の野球解説者として、地元・関西を中心に活動し、現在はロッテ二軍の監督を務めています。

そんな今岡誠さんの結婚した嫁は誰なのでしょうか?

 

タレント・今岡梨惠(いまおかりえ)

今岡誠さんは1998年にタレント・ネイリストの今岡梨惠さんと結婚します。

スポンサーリンク

今岡梨惠さんはまだ20歳の若さでした。

独身時代の1998年、岩永梨恵名義で『ナイトinナイト』(朝日放送)アシスタントのテレビ公開オーディションに参加するも落選(優勝は宗政美貴)。

1999年に結婚した後は、ネイリストとして数々の賞を受賞し、2004年12月に自らオーナーを務めるネイルサロン「R DECO」を大阪市・北浜にオープン、ファッションセンスとネイル技術を活かす。

このほかにも雑誌でモデルを務めるなど、主婦のカリスマとして活躍しています。

 

子どもは?

今岡さん夫妻の間には息子さんが1人います。

結婚一年目でさずかったお子さんなので、現在20歳になる年齢ですね。

今岡梨惠さんの美しさをみると、とても成人している子どもがいるようにはみえません。

子育てをしながら、ネイリストの資格をとった努力家でもあります。

スポーツ選手は、怪我などによって選手生命が大きく左右されてしまう職業ですから、将来のことを考えて、何があっても大丈夫なように私が手に職をつけようと思って始めました。

ちょうど結婚後すぐの頃は、主人はまだ若手で、練習時間も長く不在がち。

私が1人で過ごす時間が想像していたよりもたくさんあったので、家でじっとしているのはもったいないと感じていました。

今では念願のサロンオーナーとして自身の店をかまえている今岡梨惠さん。

スポーツ選手の嫁としても、キャリアウーマンとしてもお手本のような方ですね。

仕事が終わってから道を歩いていると、「早く帰って、旦那さんに御飯作らないと」って言われたこともあります(笑)。

阪神タイガースや主人がちょっと不調だったりすると、「お前、旦那が不調な時に!」みたいな。関西人は、おもしろいです(笑)。

周りの批判ももろともしない精神力がないと、野球選手の奥さんは務まらないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

ハゲがヤバイ?

野球選手、監督として華やかな経歴を持つ今岡誠さんですが、実はネット上で密かに話題になっていることがあります。

それは、「頭がハゲて来ている…」という話です。

確かに写真を確認すると、頭頂部の部分の肌がうっすらと見えていますね・・・

なぜ今岡誠さんの髪がこのようになってしまったのか、様々な要因があるとは思いますが、一般的に考えられるのは遺伝ですよね。

「野球選手」そして「ハゲ」と聞くと、まず最初に思い浮かぶのは「いつも帽子やヘルメットをかぶっているから、蒸れて不衛生でハゲやすい」なんて考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、実際帽子やヘルメットをかぶることによっておきる“蒸れ”や“雑菌の繁殖”は、直接ハゲの原因になるほどではないというのが通説です。

もちろん他にもいろいろな原因が考えられますが、可能性として高いのは野球選手ならではのプレッシャーから来るストレスが原因かもしれません。

野球選手はプレッシャーとの戦いですし、試合のたびに感じるストレスは計り知れません。

引退後、全国区の情報番組に出演した際に「今岡さんがはげている!」とネットで話題になったようですが、 阪神のお膝元の関西では、今岡誠さんのはげはネタにもなっているそうです。

 

野村克也との関係は?

今岡誠さんはタイガース時代の監督である「ノムさん」こと野村克也氏との間に確執があったといわれていました。

野村克也氏は「阪神タイガース暗黒時代再び」という著書の中で、その一部を語っています。

85年の日本一以降、03年に星野政権で再び優勝するまでの17年間で10度の最下位に沈んだ、あの「暗黒時代」。

3年連続最下位の成績でその一端を担った野村氏が当時を振り返りつつ、近年また低迷が続く阪神の行く末を憂いているのだ。

「ボヤキ」がある意味名物となっていた野村克也氏。

チームリーダーとして期待をかけた今岡誠さんについては、「打つことに関しては天才的だった。

だが打つことにしか興味がないように見えた。

出塁してもリードさえ取らない。リードの意義を説くも、今岡は無視。

野村克也氏は、今岡誠さんについてマスコミを通じて批判のコメントをしています。

それを聞いた今岡誠さんとの関係が悪化してしまったようです。

〈今岡の不平不満は顔に表れるようになったし、怠慢とみられるようなプレーが増えてきた。(中略)

私は今岡を監督室に呼び出した。(中略)

「何かオレに不満でもあるのか? あるのなら言ってみろ」。

1対1で話をしようと考えた。だが今岡は黙ったままだ〉

今岡誠さんは気持ちを前面に出すタイプではないため、野村監督に「覇気がない」と誤解されていた様子。

現在はその誤解が解けているといいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)