松尾スズキの元妻は?酒井若菜との関係は?本谷有希子と結婚?

今回は俳優・松尾スズキさんについてみていきましょう。

松尾スズキの元妻は?

「大人計画」の主宰者として、また映画やドラマで俳優として大活躍する松尾スズキさん。

2004年公開の映画監督デビュー作『恋の門』はヴェネツィア国際映画祭に出品され、漫画原作者としても活動していますね。

コラム、小説など著書も多数で、物書きとしての才能あふれる松尾スズキさんですが、実はバツイチです。

しかしその元嫁は一般人なのかあまり情報がなく、どういう方かは分かりませんでした。

結婚したのは1997年頃、離婚したのは2017年なので、10年連れ添ったことになります。

 

酒井若菜との関係は?

そもそも2007年に松尾スズキさんが元嫁と別れたのは、女優・酒井若菜さんとの不倫が原因であったと言われています。

スポンサーリンク

当時、劇団員でもある宮藤官九郎さんが脚本を書いて注目を浴びた「木更津キャッツアイ」で、おバカな女の子であるモー子を演じ、グラビアアイドルから個性派女優へとブレイクした酒井若菜さん。

松尾スズキさんの舞台「恋の門」にも出演し、演技や舞台への傾倒が深まっていきます。

しかし、それが高じてかゴールデンの連ドラ主演を蹴ってまで松尾スズキさんの舞台に立とうした寸前、体調不良で降板してしまいました。

当時の酒井は『大人計画』を主宰する松尾スズキ氏と恋愛関係にあり、連ドラの主演を蹴って舞台を選んだのも個人的な理由が大きかったのではないかといわれていました。

でも結局、舞台直前に松尾氏の妻とトラブルになり、降板を余儀なくされた。

その上、舞台関係者の信用をなくす結果となり、休業に追い込まれたのが真相です」

酒井若菜さんは、それから数年芸能界を干されることになってしまいました。

松尾スズキさんはこの時、自ら言い訳することもなく寡黙を通しています。

降板理由は体調不良と発表されましたが、それはあくまで表向きの話でした。

しかし、不倫関係は長く続かず、松尾との関係は破綻したといいます。

「酒井は松尾と別れたことで、初演のわずか18日前に舞台をドタキャンで降板。

演劇界とテレビ界からの信頼をすべて失い、休業することになったのです。

それからしばらくして、2013年12月にツイッターで『本番直前での降板、本当に申し訳ありませんでした』と8年前の降板を謝罪しています。

さらに『罰は受けたつもりです。最初の数年は地獄のような日々でした』と当時の気持ちを吐露し、その頃から舞台などにも本格的に復帰を果たしました」

スポンサーリンク

女性側だけが禊をするというのは、近年のベッキーゲス不倫を連想させますが・・・

酒井若菜さんには今後も女優として活躍していってほしいですね。

 

本谷有希子と結婚?

2014年に「普通自動車免許を持った一般の女性」と再婚したことを発表した松尾スズキさん。

2007年に最初の妻と離婚した後、弟子的存在だった作家の本谷有希子との同棲なども噂されていたが、その本谷も昨年、別の男性と結婚。

松尾のほうはと思っていたら、今年5月1日、ツイッターで「今日午後12時過ぎ、普通自動車免許を持った一般の女性と入籍しました」と発表したのだった。

弟子である本谷有希子さんとの噂も多かった松尾スズキさんですが、その再婚相手はなんと20歳下の一般女性。

51歳と31歳・・・

たしかに芸能界のような特殊な世界ではありえますね。

「かわいい人です。僕は、とっても美人だと思ってます。

一緒にいるときは、僕はずっと冗談を言ってるんで、それに飽きずに付き合ってくれるし、ずっと笑ってくれますし」

このようにノロケ全開の松尾スズキさん。

前の結婚のときにはやってこなかった「記念日を祝う」ことを実行し、結婚記念日にバラを100本用意するなど、可愛げのある年寄りになるために頑張っているようです。

本谷有希子さんと交際していたのは事実のようで、本谷有希子さんが演技ではなく台本執筆をすることになったのも、松尾スズキさんが薦めたからだとか。

「松尾さんはああ見えて正直な人で、わざと演じているようで、意外と本音がでる。

本谷さんにもふられて、かなり落ち込んでいましたから、かわいい年下の奥さんに出会えてうれしくてしようがないんでしょう」

年下の奥さんをもらって180度キャラが変わった方といえば、加藤茶さんが思い浮かびますよね。

「究極は、岡本太郎と岡本敏子の関係だと思いますけど。そんなことを言うと「私は敏子なのか!」って嫁に怒られそうなんだけど(笑)」

「太郎と敏子の2人で「岡本太郎」をつくるという、その関係はいいなと思いました。

それに倣ったわけではないけど、2人で「松尾スズキ」をつくればいいじゃないかって」

このままいくと、岡本太郎さんではなく加トちゃんになってしまうのでは・・・

という気がしてなりませんが、本人たちが幸せなのが1番ですね。

今後も夫婦仲良く暮らしていってほしいです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)