金正恩が嫁の李雪主は日本人でかわいい?馴れ初めや不仲説についても。

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)金正恩党委員長の嫁・李雪主(リ・ソルジュ)についてまとめてみました。

金正恩の嫁・李雪主(リ・ソルジュ)ってどんな人?

李雪主(リ・ソルジュ)氏は1989年9月28日生まれで、現在28歳です。

身長は164cm、出身は北朝鮮の東海岸に位置する咸鏡北道清津市です。

李雪主氏の父親は空軍大学の教官で、母親は産婦人科の医師でした。

一家は北朝鮮内では権力の核心層ではなく、中産層に属していたとのことです。

可愛いですね!見染められるのも納得です。

子供のころについて

李雪主(リ・ソルジュ)氏は音楽の才能に長けた子供たちが通う金星学院(クムソン学院)に通っていましたが、この学校は普通は北朝鮮の外交官や中央党出身の子供が通う学校です。

スポンサードリンク

李雪主氏の父親は当時、平壌高麗航空の操縦士であり、外交官や党の幹部ではありませんでした。

金星学院に通っていた子はみなエリートの子どもばかりだったため、このような低い地位の職業の親を持った子供は李雪主(リ・ソルジュ)氏以外にはほとんどいなかったそうです。

そのため、親の経歴や地位が低い李雪主氏は、学校でほとんど友達がいなかったそうです。

親が外交官でも党の幹部出身でもない李雪主(リ・ソルジュ)氏がこの金星学院に入学できたのは、陰には何かしら彼女の母親の努力があったとのことです。

韓国での報道によると、李雪主氏は友達がなかなか出来なかったため、他の子たちと仲良くなろうと、チョコレートを学校に持っていき、クラスメートに分けたりしたそうです。

このチョコレートというのは、李雪主氏の父親が航空操縦士関係者たちに支給されたものを持ち帰ったもので、北朝鮮では貴重なものでした。

ですが、それで友達ができるどころか、「こんなものしかないのか」と、かえってバカにされ、無視されたと言われています。

この学校の生徒たちの中には、李雪主氏とともに北朝鮮のエリート音楽団、銀河水管弦楽団で活動していた人も数多くいました。

彼女はまた、この銀河水管弦楽団では歌手を務めていました。

子供の頃から可愛いですね。生家を理由に孤独な幼少時代を過ごしたようですが、可愛くて歌が上手だったのでしょうか。

日本人ってホントなの?性格について。

スポンサードリンク

李雪主(リ・ソルジュ)氏はそのかわいい容貌から韓国でも話題となり、ファンカフェが出来たほどだったそうです。

ただ、以前の顔立ちと比べると変わっている部分もあるため、韓国のマスコミによると、彼女は整形をしたと見る人が多いそうです。

また、歯並びが良くなったことから、歯列矯正もしたと言われています。

ということなのですが、写真を見る限りではどうなんでしょうか。子供の頃から可愛かったのでは?

昔はおだやかで幼い少女のイメージだった李雪主(リ・ソルジュ)氏ですが、意外な一面もあることがわかっています。

それは、性格はおだやかであるものの、実は気が強い一面もあり、学生時代には禁止されていたミニスカートをただ一人はいて登校したこともあったそうです。

他にも韓国の報道によると、二重瞼手術で腫れた目でもなりふり構わず、学校では「空気を読めない子」として周囲から風当たりが強く、いじめも受けたそうですが、それでも彼女は屈することはなかったそうです。

スタイルもいいですね。北朝鮮のミニスカートのレベルがどれくらいかにもよりますが、こちらの写真も割と短めですね。イジメにあっていたようです。

現在、ブランド品などファッションにお金をかけすぎでは?キャサリン妃を意識しているのでは?という声があるそうです。

ちなみに日本人かどうかについても調べてみたのですが信憑性のある情報はありませんでした。

都市伝説に近いようですが、北朝鮮の謎は深いですね。

二人の馴れ初めについて

李雪主(リ・ソルジュ)氏は2005年、アジア陸上選手権大会の際、北朝鮮の青年学生協力団の一員として、つまり美女応援団の一員として韓国を訪問しています。

2008年に金星学院を卒業後は、金日成総合大学博士院で更に勉強をしていました。

その翌年の2009年、金正恩(キム・ジョンウン)氏と結婚しています。

李雪主氏は2009年に金正恩氏と結婚したものの、その後も数年の間は世界ではそのことについては知られていませんでした。

日本でこの事実が知られるようになったのは2012年のことで、この年には13年間金正日(キム・ジョンイル)氏の専属料理人をしていた藤本健二氏が訪朝し、李雪主氏にも会っています。

こちらが藤本健二氏。奥さんは元美女応援団だったんですね。2年付き合って結婚ということです。現在3人のお子さんがいらっしゃるとか。

不仲なの?

不仲説の発端は公開活動の同行回数が減っているために報じられているようです。

夫人が正恩氏の公開活動に同行した回数は2012が18回、2013年が22回、14年が15回だったが、昨年は7回に減少し、今年は3回に過ぎないと報じた。

2017年の2月に3人目の子供を出産しているそうなので出産準備を公表していなかったためにこのような不仲説が出たのではないでしょうか。

とにかく可愛くて驚きました。さすが美女応援団出身です。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)