緒形直人の嫁の仙道敦子との馴れ初めはドラマ?現在認知症の噂は?

『北の国から』や『予備校ブギ』など多くの有名ドラマに出演された俳優の「緒形直人」さん。奥さん「仙道敦子」さんとの馴れ初めや、現在の活動を調査してみたいと思います。芸能界を干されたの?気になる”認知症”のうわさとは?

緒形直人の嫁

俳優・緒形直人さんとご結婚された「仙道敦子」さんについてまとめてみました。

嫁・仙道敦子

仙道敦子」さんは、「緒形直人」さんと同じく1980年代~1990年代を中心に、映画やドラマで活躍された女優さんです。

劇団ひまわりに所属し、子役として小さいころからテレビで活躍していました。

『白蛇抄』(1983)

この時、仙道敦子嬢は14歳の初々しい少女だった。

スポンサードリンク

14歳とは思えないほど”凛とした美しさ”がありますね。

『セーラー服反逆同盟』(1986)

1986年には、日本テレビで放送された連続ドラマ「セーラー服反逆同盟」の主演を務めます。ドラマはヒットし、仙道敦子さんは”アイドル女優“としてブレイク!主演の中山美穂さんに劣らない可愛さで、仙道敦子さんはその後も数々のドラマに出演していきます。

アイドル女優”とよばれていたようですが、15歳のころには歌手デビューもされているそうです。

1993年に緒形直人さんとご結婚されてからは、ほとんどテレビで見かけることがなくなりました。主婦業に専念されていたのでしょうね。

 

23年ぶりに女優復帰

結婚を機に、ほぼ芸能活動休止状態だった仙道敦子さんですが、このたび23年ぶりに女優復帰することがわかりました。

2018年7月スタートの連続ドラマ『この世界の片隅に』(TBS系)で主人公・すずの母の浦野キセノ役を演じ、1995年放送の単発ドラマ『テキ屋の信ちゃん5 青春 完結編』(同局系)以来23年ぶりで(連続ドラマでは1993年『徹底的に愛は…』(同局系)以来25年ぶり)女優復帰する。

23年ぶりに女優復帰された仙道敦子さんの透明感と美しさは健在でした!48歳とはおもえません。

2018年7月スタートの日曜劇場この世界の片隅に』は毎週日曜よる9時~放送されます。

仙道敦子さんの復帰作品、楽しみですね。

 

二人の馴れ初め

緒形直人さんと仙道敦子さんが出会ったきっかけは何だったのでしょうか?

『西郷札』(1991)

当時、共に若手人気俳優として多くドラマに出演していた仙道敦子さんと緒形直人さんですが、出会いは1991年に放送されたドラマ『西郷札』だと言われています。

今から約27年前、お二人はドラマ『西郷札』で初共演しました。

スポンサードリンク

松本清張作家活動40周年記念ドラマスペシャルとして制作された『西郷札』。仙道さんと緒形さんは、義理の兄妹役を演じています。

このドラマでの初共演をきっかけに、お二人は交際をスタートさせたといわれています。

2人はこの共演の2年後、1993年に結婚しています。

その後、約2年間の交際期間を経て、お二人はご結婚されました。

今では、3人のお子さん(長男・次男・長女)にも恵まれています。

 

緒形直人の現在

主に1990年代には多くの連続ドラマに出演されていた緒形直人さんですが、最近テレビでみることがあまりなくなったような気がします。

芸能界から「干されたのでは?」とのうわさも出るほど露出の少なくなった緒形さんの現在を調べてみました。

芸能界を干された?

緒形直人さんは本当に干されてしまったのでしょうか

緒形さんの仕事が少なくなった原因は、干されたわけではなく緒形さん自身が仕事をセーブしているためと言われています。

自分から断ってまで仕事をセーブしている理由は何なんでしょう?

これは緒形さんがちゃんと納得した作品にしか出演しないと心がけているという説や、自身が子供の頃に父・拳さんが家に不在がちで寂しい想いをしたことから家族との時間を大切にするためにドラマは避けているという説もあるようです。

仕事にたいするこだわりや家族を大事にする家族愛から、仕事をセーブされていたんですね。

最近の活躍

そんな緒形直人さんは、今年2018年に公開される映画がすでに2本も発表されています。

『万引き家族』(2018)

2018年6月8日公開の『万引き家族』で、「柴田譲」役を演じています。

この『万引き家族』は、第71回カンヌ国際映画祭最高賞であるパルムドールを受賞しました!

 

『散り椿』(2018)

2018年9月28日公開予定の『散り椿』では、かつて一刀流平山道場で「四天王」と呼ばれた一人だったが、現在は馬廻役となっている「篠原 三右衞門」役を演じています。

 

現在は認知症?

ネットで「緒形直人」と検索すると「認知症」というワードがでてきます。緒形直人さんは現在50歳ですが、認知症なのでしょうか?

実はこれ、緒形さんが認知症をテーマにした映画やドラマに立て続けに出演したことからきているみたいで、2014年に映画『サクラサク』の中で認知症の父親を持つ息子役、そして2015年にNHKで放送された『認知症の私からあなたへ』の中の再現ドラマで緒形さんが「若年性認知症患者」の役を演じたため、「緒形直人と認知症」が深い関わりを持つワードになったのでは

出演映画も次々に公開されていますし、これで緒形直人さんが認知症だという事実はないということがはっきりしました。

今年は、ご夫婦ともにドラマや映画で目にする機会が増えそうです。楽しみですね!

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)