大竹一樹の嫁の中村仁美の仲良しエピソードとは?馴れ初めやきっかけも。

モヤモヤさまぁ~ずを中心に司会やラジオなどで活躍する芸人の大竹一樹さん。

元人気女子アナで、現在もタレントとして活躍なさっている中村仁美さん。

今回はそんな大竹一樹さんが結婚された中村仁美さんとのラブラブエピソードや馴れ初めなどをまとめていきたいと思います。

二人の馴れ初め

大竹一樹さんと中村仁美さんの馴れ初めは、2002年の事。
当時、深夜番組として一部のファンに人気のあった深夜戦隊ガリンペロという番組で共演したのがキッカケだそうです。

この番組は深夜番組とだけあってかお色気や大人の事情を漂わせる感じの番組で、若き日の杉浦太陽や藤岡弘、なども出演していました。

2002年にフジテレビに入社した中村仁美さんも新人アナウンサーとして起用され、ガリンペロピンクという役名で番組の出演者の一人として活躍し始めました。

この頃から大竹一樹と知り合うようになり、交際に発展したそうです。

スポンサードリンク

 

長い長い結婚までの道のり

番組を通じて知り合った二人は惹かれる所があって付き合い始めましたが、最初は実に薄い関係だったそうです。

週刊誌で熱愛スクープをされた時は注目されたものの、なかなか煮えきらない関係を続けていたせいもあってか、自然に忘れ去られてしまったほどです。

大竹一樹さんは仕事の関係で合コンや女性の多くいる店に出入りをしていたそうで、中村仁美さんもそれを黙って容認する、そんな関係が、八年!も続いたそうです。

また、中村仁美さんのご両親がなかなか大竹一樹さんとの交際を認めてくれなかったのも長い婚前生活の原因になったとか。

その間には当然中だるみも来たそうで何回別れ話を切り出そうかと悩んだこともあるそうです。

特に大竹一樹さんの煮えきらない態度は中村仁美さんをやきもきさせ、最後には本気で別れてやろうと思わせたほどだったそうです。

別れ話から結婚?!

大竹一樹さんとうまくいかない気がした中村仁美さんは、遂に別れようと決心しました。

しかし、そう決断した直後に行った島根の神魂(かもす)神社で衝撃的な体験をします。

ある時、島根の神社へと向かい、新しい相手に出会えるようにと神頼みしたところ、「その場所だけ空気が違う。ビリビリと。地球の穴ぼこにおちたような」不思議な感覚に包まれた経験をなされたとか。

後日、大竹一樹さんに別れ話を切り出そうと思った瞬間、別れ話をするべき彼氏の顔がスポットライトを浴びているかのように光っており、「アレ? ここに結婚相手がいる」と思った中村は「私、結婚してもいいと思うわ!」と、自分の婚約相手を悟ったそうです。

不思議といえば不思議ですが縁結びの神さまが最後のチャンスとして二人を引き合わせてくれたのではないかと思います。

この一連の奇跡を経験した中村仁美さんは遂に大竹一樹さんに逆プロポーズ。

2011年に見事にゴールインしました。

女の人から男の人へ告白するのは珍しいのではないでしょうか?

スポンサードリンク

不思議な話ですがロマンがあっていい話ですね!

 

おしどり夫婦な二人

年の差が一回り近くも違う二人ですが、家庭環境は円満でおしどり夫婦として知られているそうです。

最近でもテレビのトーク番組に出ていたり、子育て雑誌の連載に登場していたりと、夫婦揃って仲良しなイメージがある所を見ると、仲良しな印象がいっそう強く見えますね。

結婚したての頃は大竹一樹さんが少し亭主関白気味で、洗濯の仕方一つでも文句が出たり、買い物でも神経質ぶりを発揮して、中村仁美さんを困らせたとか。

しかし、子どもができてからは中村仁美さんが鬼嫁のごとく家の覇権を握ったそうです(笑)
洗濯や帰宅の時にもルールがあり、

・寝ている子供を起こしてはいけない

・外から帰ってきたら手洗いうがい!

など徹底しているそうで、大竹一樹さんが忘れると鬼嫁ぶりを発揮するそうです。

ちょっと想像できませんね。

 

大竹一樹の弱点

中村仁美さんは大竹一樹さんを深く慕っていますが、大竹一樹さんが「素直に褒めてくれない」のは少しイヤなんだそうです。

・グラタンを作って出したら、男には黙ってしょうが焼きでも食わせればいいと言われた。

・バッグを買ったら色や形に文句をつけられ、褒めてくれなかった。

こういう事がキッカケで何回か夫婦喧嘩に陥り、関係がギスギスした事もあったとか。

しかし、あの大竹一樹さんの事ですから、こういう発言も愛情の裏返しかも知れませんね。

現在では解消されたらしく、また仲良しな夫婦として活躍しています。

大竹一樹は心配症?

一方で大竹一樹さんは少し心配症な気があるそうで、この事で時々揉めるそうです。

二人は必ず年に二回は海外旅行へ行く事を決めているそうですが、中村仁美さんによると

「日本人のドクターがいる病院がある国」

がないと、行きたがらないそうです。

また、子どもや自分が体調を崩して病院や医者にかかった時も、薬の効能や医師の説明などを詳しく聞いてくるそうです。

ある時、詳しく聞いてこなかった中村仁美さんに対して、

「だからお前と三村はダメなんだよ」

と叱ってきたといいます(笑)

しかし、そんな厳しい態度の裏にはとても心配症な大竹一樹さんの姿があります。

妻が疲労から難聴気味になった時には大竹一樹さんも心配のあまりに難聴気味になったり、子どもがインフルエンザになった時には彼もインフルエンザ気味になるなど、嘘のような本当の逸話があるほどです。

そういう意味では妻や子どものことを心配し過ぎるほど考えている良き夫であり、パパさんなのかもしれませんね。

これからも二人が末永くおしどり夫婦である事を祈りましょう!

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)