小久保裕紀の嫁?離婚は女子アナが原因で娘や息子は?再婚相手は?

侍ジャパンのとして2017年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を戦った小久保裕紀前監督。

現役時代は福岡ソフトバンクホークス、読売ジャイアンツで活躍していましたが、プライベートでは離婚歴と再婚歴があるそうです。

小久保裕紀前監督の現在の嫁と離婚した原因について紹介します。

 

小久保裕紀の最初の嫁は?

小久保裕紀監督が結婚したのは1995年。

プロ入り2年目に一般女性と結婚したそうです。

年齢は小久保裕紀監督よりも4歳年上の姉さん女房でした!

さらに妻と間に2人の子供、長男・直樹君と長女・春奈ちゃんが生まれています。

当時の奥様は一般女性のためか、画像などは見つかりませんでした。

 

離婚は女子アナが原因?

スポンサードリンク

しかし2008年末にTVQ九州放送の女子アナウンサー立花麻里との不倫が発覚。
小久保は嫁と離婚し、13年間の結婚生活に終止符を打ちました。

プロ野球選手と女子アナは不倫や交際につながるスキャンダルが多いですが、小久保前監督も福岡でおイタをしてしまったようです。

 

立花麻里アナは?

同棲もしていたくらいですから、小久保はこの立花アナと再婚すると噂されていましたが、結局再婚はせず、立花アナは2012年8月に1つ年上の音楽家の男性と結婚し、その後も仕事メインで活動していましたが、2014年に第1子を妊娠。

同年8月からは出産・育児休暇に入り、2015年9月に復帰しました。

立花麻理アナは地方局でブレイク中のポスト・スイカップ巨乳アナとして、ニュースで紹介されています。

地方局でブレイク中のポスト・スイカップ巨乳アナ。
九州放送の立花麻理アナも見逃せない存在だという。

「ゴルフ番組を担当していたとき、いつもカラダにフィットしたウエアを着ていたんです。
そのため、ツンと上向きのロケット巨乳が丸わかりで……。

スイングするたび、ぷるんぷるんと上下に揺れる。
彼女見たさに視聴率が上がったという噂も出たほどですよ」

そんな見た目の美しさとセクシーさに小久保前監督も堕ちてしまったのでしょうか。

しかし長続きはしなかったようです。

2008年当時、1971年生まれ37歳の小久保選手と1981年生まれの当時27歳の立花麻理アナ。

10歳の歳の差は大きかったのかもしれません。

 

娘や息子は?

離婚によって子供の親権は元嫁に移りました。

プロ野球選手の引退試合では、試合終了後の引退セレモニーで、夫のユニフォームを着た嫁や子供たちから花束を受け取るシーンが見受けられますが、2012年の小久保の引退試合ではそういった光景は一切見られず、子供も来ませんでした。

プロ野球選手にとって引退試合と引退セレモニーは唯一一人でスタジアムを独占できるイベント。

多くのファンと共に両親、家族にも見守られながら、というのが一般的ですが、その機会は与えられなかったようです。

 

長男がホークス戦で君が代斉唱

しかし長男は2017年9月にヤフオクドームで君が代を斉唱していました。

ホークスOBで侍ジャパンの前日本代表監督だった小久保裕紀氏(45)の長男で歌手の直紀氏(20)が、試合前の君が代独唱を務めた。

スポンサードリンク

5年前に米国留学。
約2年の留学生活では英語、歌、ギターなどを勉強して帰国した。
歌手として本格的に自立するために、来月には大きなオーディションを受ける予定だ。

ヤフオクドームは何度も父の応援に駆けつけた場所。
「まさかここで歌えるとは思ってもみなかった」と、感慨深げ。

父裕紀氏からは前日にSNSで「明日は、しっかりやりきりなさい」とメッセージがあったという。
父とは違う道を歩み始めた“小久保2世”。
「一生懸命頑張ります」と、活躍を誓っていた。

小久保選手時代の引退試合には観戦に来ていなかったようですが、今ではLINEでメッセージを送り合うほど仲も復帰しているようです。

野球の道には進まなかったようですが、歌手として立派に成長しているようです。

 

再婚相手は?

3月25日の夕方、福岡市内にある魚料理が評判の居酒屋の前に1台のタクシーが停まった。
まず車から降りたのは、ロングヘアーをなびかせた30代とおぼしき女性。

女優・土屋太鳳似の美女で、ライトブルーのブラウスに春物のコートを羽織り、スカートにピンヒールを合わせ颯爽とした雰囲気だ。

車外で待っていた女性に小久保が親しげに声をかけると、女性はコクリとうなずく。
そして女性は小久保を先に行かせ、2、3歩下がって続く。

その様子は、長年連れ添った夫婦のようだ。
そのまま、2人は店内へと入っていった。

「小久保さんがふらりと現われたので驚きました。
2人は店の奥にある、人目につきにくい席に座りました。

小久保さんは常連らしく、店員と親しく話していました。
女性のことを『新しい奥さんです』と紹介していた

ネットニュースで紹介されていますが、実際に結婚した日時や現在の嫁の名前や顔はわかりません。

情報が出てこないということは一般の方でしょうか。

馴れ初めなどもわかりませんが、週刊ポストにはAさんとして、どんな方かが紹介されています。

小久保の知人が語る。

「プレミア12直後の2015年暮れに博多の繁華街で小久保さんにバッタリ会ったとき、Aさんを紹介されました。
まだ付き合い始めのようで、『俺の彼女です』と紹介してくれました。

批判の嵐にさらされていた小久保さんに癒しを与えたのが彼女だったのでしょう

前述した通り、現在は周囲にAさんを「妻」として紹介している。
いつしかAさんは「彼女」から「妻」に格上げされたようだ。

「小久保さんとAさんはすでに福岡市内の小久保さんの自宅で同棲しています。
町内会の会費をAさんが支払うなど、近所の住民は彼女を“奥さん”だと認識している人も少なくない」(近所の住民)

「今度は侍ジャパンのためでなく、支えてくれたAさんのために時間を使いたいという思いなのでしょう」(前出・小久保の知人)

小久保にとって、Aさんはどんな存在なのか。
所属事務所に話を聞いた。

「プライベートは本人に任せているので、お答えできない」(担当者)

「五輪監督の名誉」よりも小久保が望んだ、Aさんとの穏やかな日々。
それは逆風を浴び続けた約3年間を常に支えてくれたことに対する感謝なのかもしれない。

侍ジャパンの監督として、結果が出せず、酷評を浴びたりしたので、現在の嫁さんについては口外しないで、今度は二人でゆっくり過ごしたいということなのでしょうか。

小久保裕紀前監督と最初の嫁、家族、不倫をした女子アナ、現在の嫁について紹介しました。

侍ジャパンの監督という激務を終えて、今は野球の方もゆっくり充電中かもしれませんが、しばらくは新しい嫁と2人きりで選手時代、監督時代にできなかったプライベートを楽しんでいるのかもしれません。

しばらくしたら、また夫婦仲良く過ごしているところなどが紹介される日が来るかもしれません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)