[スケート]山中大地の結婚した嫁はどんな人?子供はいるの?

ソチオリンピック、平昌オリンピック日本代表に選ばれた、スピードスケートの山中大地選手について調べてみました。

爽やかでイケメンだと話題になっていますが、すでにご結婚しているそうですね!

スピードスケート・山中大地

爽やかなルックスで非常にイケメンといわれている山中大地選手は1990年5月生まれで今回ソチ五輪に続いての五輪代表となりました。

女子スピードスケートの小平奈緒と一緒のコーチの元で共に練習しています。

男子スピードスケートには、加藤条治選手という超イケメン選手がいますが、山中大地選手も負けず劣らずのイケメンですね。

2017年W杯スタバンゲル大会では500メートル2位という好成績を出しています。

理数系に強く、電子情報工学科でコンピューターの高度な技術を身につけ、技術分析をしながら実力を確実なものにしている理論派選手のようです。

 

選手として!

スポンサードリンク

種目は、500m/1000mを中心としたスピードスケートで、主な成績は2014年の第22回オリンピック冬季競技大会「ソチオリンピック」では、男子1000mに出場して、36位。

ソチオリンピック日本代表選手選考会では男子1000m部門で貫録の優勝をしていますね。

世界から見ると2013/14シーズン1000mでは10位~27位(全4戦)、2014/15シーズン500mは14位~24位(全4戦)、2015/16シーズンのワールドカップであまり大会では成績を残していませんねぇ。

今シーズンもそこそこの成績でした。
まぁ、男子スピードスケートのオリンピックを見ても、表彰台はありませんからこんなもんですかね。

 

小平奈緒と…

小学3年生の時からスケートを始め、中学3年での全国中学大会3000メートルでは4位、高校3年生での高校総体では1000M、1500Mで優勝するほどの凄い選手です。

その後は小平奈緒選手の練習パートナーとして抜擢されて、当時から世界のトップ選手と一緒に行動することで、生活面まですべてに刺激を受けたそうです。

小平選手はほとんどの試合で優勝を重ねていますので、いい選手に巡り会えてますよね!
お互いに刺激し合って、これからもスケート界を盛り上げてくれることでしょう。

 

結婚した嫁!

平昌オリンピック日本代表入りが決まった記事に、「結婚して初めてのオリンピック」という文字が…。

つまりは、山中大地選手は、ソチオリンピックから平昌オリンピックの間にご結婚されたようですね。

ただ結婚した嫁さんはどうやら一般女性のようで、どんなお嫁さんかなぁ…と調べたところ、スケートのチームメイトだった麻衣さんという方と2016年に結婚されたそうです。

可愛くて料理上手という言葉が多く見受けられました。
チームメイトだったからこそ、食事管理などの健康面は嫁さんが完璧にサポートしていると思われます。

山中選手は、嫁さんに胃袋をガッツリ掴まれていることでしょうね!

 

子供はいるの?

スポンサードリンク

子供はいるのかどうかも調べてみましたが、現在出ている情報では子供がいるかどうかはわかりませんでした。

2016年に結婚したばかりまだまだ新婚気分でしょうから、お子さんについてはこれからでしょうね。

 

剣道をしていた?

インターネットで「山中大地 剣道」とあったので調べてみたら・・・

同姓同名の剣道選手「山中大地選手(国士舘大4年)」とかあったので、剣道界ではかなり優秀な選手として、ピックアップされてはいました。

結果的にはスケートの山中選手とは関係は無く山中選手は剣道はしていないようでした。
このお名前はかなり優秀な人材とお見受けいたします!

 

姉がいる?

ついでに「」っていう単語もよく調べられているようです。
世間のみなさんが、こぞって「姉」の有無が気になったんでしょうか。

そういうわけで姉についての関連性を調べてみましたが、残念ながらお姉さんの情報はありませんでした。

調べてみたところ、山中大地選手の家族構成は、以下のようです。
父親である徳隆さんと母親の治枝さん、そして妹の桃絵さんの4人家族となっています。

まぁ「姉」についての噂はネット社会の不思議な現象の一つなのでしょうね。

キーをたたけば簡単に調べられる世の中…恐ろしいネット社会になったものですね。
便利ではありますが(笑)

 

平昌オリンピックの成績は?

スケート500mは5位と6位のチームジャパン

スピードスケート男子500Mでは、日本勢は山中大地(電算)が34秒78で5位に入賞したのが最高だった。

4度目の五輪となる33歳のベテラン加藤条治(博慈会)は34秒831の6位に終わり、銅メダルを獲得した2010年バンクーバー五輪以来の表彰台は届かなかった。長谷川翼(日本電産サンキョー)は35秒08で14位だった。

山中大地選手の平昌オリンピックでの成績は5位入賞とのことで、惜しくもメダルを逃してしまいました。

ただ2017年の平昌オリンピック代表選考会では、500mで2位、1000mで2位という好成績でした!

ぜひとも次の4年後の五輪を目指しての今期残りの試合と今後の試合を好成績たたきだして駆け抜けていただき、そして「パパになってメダル獲得」なんて夢を見させて欲しいものですね。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)