石原裕次郎の嫁の名前は?子供いる?おろす?松田聖子との関係は?

今回は俳優・石原裕次郎さんについてみていきましょう。

石原裕次郎の嫁

昭和を代表する大物俳優、石原裕次郎さん。
1987年に52歳で亡くなってから30年がたちますが、未だに語り継がれる伝説の俳優さんですね。

石原軍団とよばれる石原プロモーションの初代会長でもありますが、その未亡人となったが話題になっています。

 

名前は石原まき子(北原三枝)

まき子さんは1954年に活動を再開した日活に引き抜かれる形で移籍し、女優陣のエースとして活躍しました。

映画『狂った果実』で石原さんと初共演後、日活のドル箱コンビとして23作もの共演作が製作され一躍人気女優になります。

1960年に石原さんと結婚し、日比谷の日活国際ホテルで結婚式をあげます
女優業を引退した後は、まき子夫人として内助の功に徹し、石原プロの経営に携わってきました。

2015年6月22日、石原プロモーションはチャンネル銀河株式会社と業務提携契約を締結し、まき子さんはチャンネル銀河株式会社名誉会長として活動しています。

スポンサードリンク

 

子供いる?

2人の間には子供がおらず、それについては様々な憶測が飛び交っています。

数多くの女性とスキャンダラスな噂がたくさん出回っていた石原裕次郎さんですが、最後まで子供を持つことは出来ませんでした。

夜遊びが好きなのにも関わらず、子供が一切生まれなかったのは梅毒にかかっていたせいであり、それが石原さんの死因となっているのではないかと言われています。

しかし、子供が一切できなかったのは別の説もあります。それは放射線治療です。

石原さんは若い頃にスキーで足を骨折した際に、本来ならば手術が必要なのにもかかわらず、俳優の仕事を優先したために手術を拒否しました。

その結果何回もレントゲンを撮って病状を確認することになり、放射線治療により子供が作れない体になったのではないかとも言われています。

若い頃から晩年まで「昭和の大スター」の名に恥じないような大胆な生き方が、自分の体に病気となって帰ってきてしまったのかもしれません。

いずれにしては真相はまき子さんが語らない限り闇の中ですね。

 

死因は?

石原さんは1987年7月17日に肝臓癌で死去したと報道されていますが、肝臓癌を引き起こした原因は梅毒だと言われています。
しかし、本当のところはきちんと発表されていません。

他にも死因とされているのは、手術をした際にC型肝炎ウィルスが感染してしまう薬害と呼ばれるものや、持病であった肝硬変や糖尿病ともいわれています。

最期を迎えるまではかなり長期間による闘病生活を送っていました。

スポンサードリンク

1984年に肝臓がんが発見され、倦怠感と腰痛を訴えた後に原因不明の発熱になやまされています。

1986年5月に高熱のため入院した際に血圧降下剤の副作用による肝内胆管炎と診断され、ハワイへ移り静養しています。

その後入退院を繰り返すものの容体が悪化していき、高熱や幻覚症状が発生します。
ついに同年7月17日金曜日午後4時26分肝細胞癌のためこの世を去りました。
肝臓癌と言われていますが正式には「食道静脈瘤」という病気で、「食道静脈瘤」はC型肝炎に感染して肝硬変、肝臓癌となり、食道の静脈が風船のようになって破裂し出血する病気です。

食道静脈瘤を患った後の石原さんは肌の色が茶色くて、全体的に浮腫んだいるような印象がありました。

肝臓癌(正式には解離性大動脈瘤)という病気は、動脈硬化や梅毒が多くのケースで原因とされているため、石原さんが梅毒だったという噂が絶えません。

 

松田聖子との関係は?

石原さんがご健在の頃は夜遊びも盛んで、女性との噂が終始絶えませんでした。

その中でも有名なのが、当時アイドル歌手として名を馳せていた松田聖子さんです。
松田聖子さんは芸能界でトップになる手段の一つとして、石原さんの愛人になったという噂があります。

2人が歌番組で共演した際、デュエットをしましたが、その2人の姿はまさに愛する二人のようだったと言われています。

石原さんの芸能生活30週年を祝う番組において松田さんが出演した際も、肩を抱き合うような形でデュエットしていて、どうみても普通の関係ではない感じがしますよね。

松田さんと神田正輝さんの結婚式の仲人を石原裕次郎さんがつとめたそうですが、いったいどのような気持ちだったのでしょう。

 

子供をおろすって?

昔からよく噂されているのが、松田聖子さんが石原さんの子供を妊娠をしてしまい、おろすことはせずに産んだのが、娘の神田沙也加さんという説です。

しかし、このことは業界関係者内ではトップシークレットになり、子供の父親に仕立て上げるのに石原軍団の神田正輝が指名されたとか。

神田さんに映画を作るというお膳立てをした上で真相は闇に葬られることになりました。

そして本当は、神田さんと当時人気アイドルだった岡田有希子さんが恋人関係だったのではといわれています。

岡田さんは松田聖子さんと同じ事務所で、良きライバルとして活動していましたが、結果的に松田さんに神田正輝さんを略奪されたようになってしまい、その苦しみから自ら命を絶ったのでは、と言われています。

しかし、他説では石原さんが病気になったため、松田さんとは夜の関係を持つことはなかったとされています。


実際、神田沙也加さんの顔を見る限り、どう考えても松田聖子さんと神田正輝さんの子供としか見えません。

 

この辺で石原裕次郎さんの紹介は終わりです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)