夏木陽介に嫁や家族はいるの?金持ちの理由や現在は何してるの?

2018年1月14日に腎細胞がんのため都内の病院で亡くなった俳優の夏木陽介さん。
81歳の生涯でしたが、若い頃は青春ドラマ「青春とはなんだ」「用心棒」や「Gメン’75」で活躍されました。
そんな夏木陽介さんの生涯、嫁について紹介します。

夏木陽介は無類の車好き

夏木陽介さんは無類の車好きでした!

1970年代末、壮大な草レースとして始まった「パリダカールラリー」に興味を持った夏木さんは、49歳で1985年の大会に自身のチームを組んで、三菱パジェロで出場します。
当時はバブル直前。モータースポーツが空前の盛り上がりを見せ始めて、「パリダカールラリー」も注目を集めていました。
俳優でもありながら、過酷なパリ・ダカールラリーにもレーシングドライバーとして参戦するほどの夏木陽介さん。
身長も175cmほどあったので、レーシングドライバーとしてもかっこいい姿を見せていました。

愛車遍歴は?

夏木陽介さんの愛車遍歴はというと、
夏木陽介さんがはじめて手にした車とされるのが、ダットサン・15型 フェートンという車でした。
・ルノー・4CV、トヨタ・2000GT、シボレー・カマロ、ランボルギーニ・エスパーダ、ジャガー・Eタイプシリーズ1クーペ
を乗り回していたそうです。
車好きのスポーツ選手や芸能人は少なくありませんが、ここまでの遍歴となるとそう多くはないかもしれません。

死因は腎細胞がん

夏木陽介さんは2018年1月14日に死去されました。
“俳優の夏木陽介さんが14日午前10時46分、
腎細胞がんのため都内の病院で亡くなった。81歳だった。夏木さんの公式ブログで、
友人で作家の山川健一氏が報告した。ブログでは、
夏木さんは昨年10月2日に微熱が続き、
肺炎と診断され入院。14日には退院し11月13日には都内で車仲間と集まり、
歓談していた。その後、
11月25日に自宅でストレッチをしていたところ
「力が入らなくなった」ため、
翌日病院へ行き、
29日に胸椎のがんが発見。11月27日に集中治療室に入り、
午後に意識を失うと、そ
のまま意識を取り戻すことはなく、
今月14日に亡くなったという。”
がんとの闘病生活を送り続けた夏木さん。
最後まで気を振り絞って闘った姿に感心させられます。

嫁や家族はいるの?

夏木さんに嫁やご家族はいるのか?という部分も気になりますよね。

夏木さんはこれまで一度も結婚されておらず、生涯独身だったそうです。

2014年にテレビ番組に出演された際には、
結婚しない理由を、

スポンサードリンク
俺さ、子供の頃から結構悪かったから。
例えば結婚して、男の子が生まれて、
俺と同じような性格の子が生まれたら多分、
自分の手で殺しちゃう。
と発言しています。
独身で自由に生きたかったのかもしれませんね。

賀来千香子、星由里子と噂も?

ただ熱愛の噂になった芸能人は何人かいらっしゃったようです。
夏木さんは、1982年に、
「三船プロダクション」を退社されると、既に、1968年に設立するも、ほとんど活動していなかった
個人事務所「夏木プロダクション」の業務を本格的にスタートされ、賀来千香子さん、西村和彦さん、
志村東吾さん、小沢仁志さん、小沢和義さんら、
後進の育成に励まれています。
賀来千香子さんは後輩として面倒を見られたのかもしれませんが、恋愛感情については特に真相はわかりませんでした。
星由里子は幼い頃から宝塚に憧れ、58年に宝塚歌劇団月組の東京宝塚劇場『ブロードウェイ・シンデレラ』公演にちなんでシンデレラ娘を公募したところ、当選し、東宝と専属契約を結ぶことになりました。
彼女の人気を決定づけたのは、61年は『南の風と波』『若い狼』で夏木陽介の、『世界大戦争』で宝田明の、『乾杯!サラリーマン諸君』で高島忠夫の恋人役をそれぞれ演じ、さらに62年には高校を卒業し、『河のほとりで』で加山雄三を相手に主演を果たし、東宝の若手看板女優としての地位を着々と築き上げていきます。
星由里子さんとは『南の風と波』『若い狼』で恋人役を演じたということで、噂になっただけかもしれません。

夏木陽介の金持ち伝説

夏木陽介さんの金持ち伝説が凄いです!

▼ライオンを飼う 横浜の動物ショップで生後3カ月のライオンを購入。成長するにつれて手に負えなくなり、3カ月後にはじゃれるだけで自分が傷だらけになっていた。最終的に北海道の牧場に引き渡したとか

▼島を買う 後先考えずに何かを買うクセのある夏木さんはフィリピンの島を購入。「世界一多くの種類の蝶がいる」という島だったが、夏木さんはほとんど行かなかった。その理由はなんと「蝶々が大嫌いだから」

▼ケンカ最強 先輩の三船敏郎さんと同じタイプの車に乗っていたところ、スタッフに「調子に乗ってんじゃねえか」とケチをつけられて憤慨。相手をボコボコにした。手が早いことは自認しており「ケンカはしない。だって殺しちゃうから」とも

スポンサードリンク

▼麻雀で九死に一生 09年に元プロレスラーの坂口征二(75)らと麻雀を打っていたところ、何度も牌の山を崩してしまうなど様子がおかしかった。

一緒にいた仲間が異変に気付き、医者に連絡。病院に行ったところ脳梗塞と診断され「運転中じゃなくて良かった」
フィリピンの島を買ったり、実家でライオンの子どもを買ったりと破天荒な伝説が残る夏木陽介さん。
大俳優でもあり、夏木陽介という人生を謳歌したのかもしれません。
夏木さんがお金持ちな理由ですが、噂では実家がお金持ちだったそうです。
また夏木さん自身もプロダクションの代表を務めていたことから、収入が高かったと推測されますね。
お金持ちなのも当たり前なわけですね!
 
81歳で生涯を終えた夏木陽介さんですが、昭和の大俳優ということで、その生活ぶり、独身で破天荒な生き方。
現在にはあまりいないような存在感です。
家族はいないようですが、今もまだ我が道を行くスタイルで謳歌しているのかもしれません。
心よりご冥福をお祈りいたします。
スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)