則本昂大の嫁の勤め先や画像は?子供はいる?弟がドラフトで指名?

今回はプロ野球選手の則本昂大さんの嫁や子供、弟などの家族についてまとめていきます。

則本昂大の嫁

東北楽天ゴールデンイーグルスのエースである則本昂大さんの結婚相手である嫁の名前は『藤本紋華(ふじもとあやか)さん』といい、一般女性の方です。

上の画像はAKB48の倉持明日香さんの画像なのですが、嫁の紋華さんはこの倉持さんに激似なんだとか!
他にも女優の柴咲コウさんに似ているという情報もありますが、とにかく美人であることは間違いないですね。

一般の方のため、ご本人の画像は調べてみてもありませんでした。
やはりプロ野球選手ともなると外見のレベルの高い女性と結婚できるんですね。羨ましいかぎりです(笑)

 

馴れ初めは?

則本昂大さんと嫁の馴れ初めは次のようなものでした。

則本昂大投手は、滋賀県近江八幡市宇津呂町にある八幡商業高校の野球部に入っていましたが、現奥さんは同じ学校の1年年下の後輩として、野球部のマネージャーに入っていました。

則本昂大投手は、その頃から彼女のことを「かわいらしい後輩が入ってきた」と、気にはなっていた様子ですが、高校生時点では付き合うことにはなりませんでした。

スポンサードリンク

高校卒業した後、大学時代に高校生野球部の同級生との忘年会があり、そのとき則本昂大選手と彼女が再開します。

その後、頻繁にメールで連絡を取り合うようになり、段々と彼女に惹かれていくようになりました。

2012年7月には、則本昂大投手から彼女に告白。約1年半後になる2013年12月24日にプロポーズされました。

高校時代のマネージャーと結婚ってドラマチックですね。

嫁の紋華さんは付き合ってる時から料理教室に通われていたそうで、その時から将来を考えていたのかもしれませんね。

ちなみに得意料理は「ブリの照り焼き」だそうです。かなり料理のレベルが高そうですよね!

また紋華さんは楽天的で明るい性格とのことで、則本さんが試合で良い成績を残せなかった時もメンタル面を大きく支えてくれたようです。

スポーツ選手にとってメンタル面はプレイに大きく影響しますから、それをケアしてくれる素晴らしい嫁さんなのではないでしょうか!

 

勤め先は?

嫁の藤本紋華さんの勤め先はどこなのでしょうか?

則本昂大の地元は滋賀県なので、高校時代の野球部のマネージャーなので、則本昂大の嫁の藤本紋華も滋賀県出身です。なので、勤め先は滋賀県内であることが有力ですね!

そして、則本昂大の嫁の藤本紋華の勤め先は、薬剤事務の仕事をしていたんだとか!具体的な勤務先の会社名までは一般人なので、わかりませんでしたが、薬剤事務てなんだか交換が持てますね!

具体的な勤め先はわかりませんでしたが、仕事は薬剤事務をしていたという噂です。

ちなみに入籍を発表した時は「元会社員」ということだったので、結婚した現在は退職して専業主婦をされてる可能性が高いと思われますね。

スポンサードリンク

 

子供はいる?

則本昂大さんと紋華さんに子供はいるのでしょうか?

まだ年齢的に若手の楽天・則本昂大選手ですが、既に子供も産まれているパパでもあります。

則本昂大投手の子どもの性別は女の子で、生年月日は2016年3月8日。

滋賀県内の病院で誕生して、健康で元気な娘さんなんだそうです。

どうやら娘さんが一人いらっしゃるようで、口元は則本さんに似ているんだとか。
父親である則本さんはイケメンですし、嫁の紋華さんも美人との噂ですから、きっと美形に成長することでしょう。

また則本はまだ20代ですから、今後第二子、第三子が生まれる可能性は十分にあります。
喜ばしい報告が聞けることを楽しみに待ちましょう!

 

弟がドラフトで指名?

則本昂大さんにはがいて、名前を『佳樹さん』といいいます。
佳樹さんも野球をされていて、現在はドラフトで指名されることを目標に日々奮闘しているようです。

兄の則本昂大さんが三重中京大学の4年生、弟の佳樹さんが北大津高校3年生、で二人ともドラフト指名の候補に挙がっていたそうです。

佳樹さんはプロにはまだ早いと判断されたためか、指名獲得には至りませんでした。

「兄と同時にプロに行くのが夢だったんです」

ちなみに弟の佳樹さんは甲子園の出場経験もあるようです。
それなのにドラフトで選ばれないというのは、プロの道の険しさを物語っていますよね。

高校3年生の時にドラフト指名を獲得できなかった佳樹さんは進路に迷ったそうですが、兄の昂大さんが手助けしたそうです。

指名されなかった佳樹さんは名門の近畿大学から声がかかりましたが、私立大学の学費を払えないと進学を一時はあきらめたそうです。

進学をあきらめ、就職して社会人からプロを目指そうと。しかし、その学費を兄の昂大さんが出資してくれたのです。

「大学ではいろんな勉強ができた。兄貴には恩返ししたい。学費はこれから、返していきたいと思っています」

美しき兄弟愛ですね!
昂大さんはその年にプロ入りを果たしましたから、ある程度お金に余裕があったのでしょう。

その後、弟の佳樹さん近畿大学時代にもドラフトの氏名を受けることができず、現在は社会人野球チーム「山岸ロジスターズ」でプレイし、ドラフト指名を目指しているようです。

兄弟でプロ野球選手になるって実現したら凄いことですよね!
弟の佳樹さんがドラフトで指名されることを心から祈りたいと思います。

 

侍ジャパンのメンバーにも選ばれている則本昂大さん。
愛する家族のためにも、今後さらなるご活躍を期待していきたいですね!

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)