琴奨菊の嫁はさげまん?子供を妊娠中で現在は?婚約破棄の真相は宗教?

今回は大相撲力士・琴奨菊についてみていきましょう。

琴奨菊の嫁は石田祐未

得意技・がぶり寄りや「琴バウアー」で人気を博し、東大関までのぼりつめた現役力士・琴奨菊。
ソフトバンクの「白戸家シリーズ」CMでもおなじみですが、そのお嫁さんがハイスペックすぎる!と話題になっています。

石田祐未(いしだゆみ)さんという一般の方で、スウェーデンに4年間暮らしていたこともあり、スウェーデン語、英語、ロシア語など4カ国語を話せる才女で、学習院大学卒のお嬢様です。

祐未さんが根っからの相撲好きだった様で、奥さんの方からアタックしたと言われています。
このゆみさんが結構肉食系で、両国国技館のアナウンスで琴奨菊の地元と父親の地元が同じことを知り、それで琴奨菊に手書きの名刺を渡したそうです。

なかなか勇気ありますよね!

この頃、ゆみさんはアパレル関係の仕事をしており、勤務先が「エルメスジャパン」とも噂になっていました。

2014年末には退職し、2015年頃から同棲を始め、同年に結婚するに至ります。

祐未さんは「琴奨菊の人柄に惹かれました。何の迷いもなく結婚を決意しました」と言っておりました。
さらに祐未さんはフードマイスターの資格を持っているそうで、食事の面でもサポートをしているようです。

スポンサーリンク

献身的で素晴らしい奥さんですね!

琴奨菊は結婚を申し込む時に、どじょうのキャラクターが登場する自分の成長ストーリーの絵本を知人に描いてもらい、その中に指輪を挟むという粋なプロポーズしたそうです!

これには奥さんも涙を流して感動したとか。ロマンチストですね!

 

さげまんの噂?

角界の妻となると避けては通れない「あげまん」or「さげまん」論争。
どうしても旦那の成績が振るわないと、妻のせいと言われてしまいます。

2016年の成績を振り返ってみると、優勝したあとの成績が思わしくありません。

実はゆみさんは場所中に琴奨菊と一緒に住んでいるようなのです。
本来、場所中は嫁は陰で支えるといわれているのですが、ゆみさんは場所中でも共に生活しているのだとか。

「若い衆も稽古でしんどいから、夜中まで自分の世話のために使いたくない。奥さんがいたほうが自分も気が休まるし、若い衆も楽だし・・・」

琴奨菊本人はこのように言っています。
周囲からすると嫁が出過ぎのように感じてしまいますが、決して「さげまん」というわけではないでしょう。

 

子供を妊娠中で現在は?

2人の間には2017年4月に第1子となる長男が誕生しています。

スポンサーリンク

名前は「弘人」(ひろと)くんです。

当日は巡業がなかったため長男と対面することもできた琴奨菊。
「嫁も元気でうれしかった。巡業の中休みに生まれてくるなんて親孝行だと思った」と語っていました。

関脇に陥落した春場所は9勝に終わり、大関復帰を果たせなかった。だが「立ち合いの圧力には戦えるものがあった。家族2人より3人の方が気持ちもぶれないし、もう少し頑張ろうと思う」。33歳のベテランは、我が子の誕生に現役への意欲を新たにしていた

待望のわが子の誕生でますますの活躍をみせてほしいですね!

2016年3月場所前のインタビューによると、幕内最高優勝の経験がある大関であり新婚の身であるにも関わらず、家賃が月7万円のマンションで暮らしており、車は中古車を使用しているといった質素な生活をしているのだとか。

堅実なところも好感が持てますね!

 

婚約破棄の真相は宗教?

2009年に知人の紹介で佐賀県在住の一般女性・福地真紀子さんと交際し、その3年後の2012年11月場所番付発表の朝に婚約を発表しました。

2人でこの試練を乗り切ると決意し、敢えて自身初のカド番で挑む苦境の中で、2013年4月20日に挙式する予定と発表しました。

しかしその3ヶ月後の2月12日には、既に招待状を発送した段階にもかかわらず、「人生観の違い」や部屋関係者曰く「大関の妻としての重責」を理由に婚約破棄してしまします。

角界においても挙式寸前で白紙に戻すのは非常に珍しく、1993年の貴乃花(当時は貴ノ花)以来と言われ話題になりました。

相撲の世界はかなり特殊な習慣があるそうで、福地さんが付いて行けなかったのだと言われています。

ネット上では「同和問題」「宗教問題」など、さまざまな憶測が飛んでいました。
琴奨菊は創価学会員という噂があるので、結婚するとなると相手も必然的に学会員にならないといけませんね。

宗教の問題は直前まで知らなかったのかもしれません。
また、3年間も交際していたのですから、相手の女性も、角界のしきたりの厳しさや後援会とのしがらみも承知の上で婚約に踏み切ったはずですよね。

周囲の反対による破局だったとも考えにくいですし、ましてや結婚式の招待状を発送した後で「人生観が違うのでさようなら」というのも不自然ですね。

「人生観」の本意や婚約破棄の真相は、琴奨菊ら本人たちのみぞ知るといったところでしょうか。

また、現在の妻であるゆみさんとすでにこの時知り合っており、略奪するために2人を別れさせたとまで言われています。
それが本当ならかなりしたたかですが、今となっては真相はわかりませんね。

結婚を決意した相手と決別してしまうのは残念ですが、今では奥さんのゆみさんと幸せな結婚生活が送れているので良かったですね!

 

この辺で横綱・琴奨菊の紹介は終わりです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)