永島敏行は結婚後・嫁と農業してるの?現在の仕事は?

大人気ドラマの相棒にも最近ご出演された俳優の永島敏行さんですが、結婚後のスローな私生活がすごいというウワサです!!
俳優という仕事以外に今一番力を入れている農業についての噂などを調べてみました。

野球少年だった永島敏行さん、もう還暦をおむかえになったんですねぇ。

永島敏行さんってこんな人・・・

永島さんは千葉県千葉市のお生まれで、野球少年だったそうです。
俳優としての特技に殺陣もかなりの腕前だとかで、その技は特に舞台で発揮されることが多いようです。
ドラマはトレンディドラマが多くて時代物はあまりお目に掛かったことが無いと思われます。

現在は廃業していますが旅館の息子だったようです。
少年時代から大学までは野球に熱中し、野球一筋の青春時代を過ごしていました。

「ドカベン」のオーディションに応募し、高校野球の選手であった経歴を買われたことで、1977年映画『ドカベン』で俳優デビューします。
2作目の映画『サード』の出演作品では役者として高い評価を受け、新人賞など受賞されたそうです。

戦争映画にも数多く出演していますが、話の途中で戦死する役にキャスティングされることが多かったそうです。

農業コンサルタント?

スポンサードリンク

永島敏行さんには現在「農業コンサルタント」という一面もあります!!
お嬢さんが生まれたことで、遊ぶ広場が無い中で、遊び場としていきついた場所が、たまたま農家関連だったことだそうです。
農業に就いたきっかけは、遊びの中で自然と戯れることが出来れば最高ではないか。
生れたお子さんのことを考えたのだ、という事だそうです。

結婚・嫁・家族

1989年頃、永島敏行さんは33歳の時に結婚しています。
お嫁さんは7歳年下だそうです。
奥さん含めて息子さんと娘さん一人づつの4人家族とのことだそうですが、一般人として生活されているようで、詳しい情報は見つけることができません。
子供は娘さんのついては「果奈」カナという名前だというのは、検索して得た情報です。
息子さんのお名前は調べられませんでした。

結婚したお嫁さん(妻)もまた一般人の方ですので情報は得ることができませんでした。
家族写真なども当然公表されてはいない模様です。

農業との出会い

1993年に体験したコメ作りが本格的な農業への入り口になった様です。

「秋田で映画祭をやりたいからお前も手伝ってくれ」と話を持ちかけられたことがきっかけでした。
でも、せっかく秋田でやるのだから地元の人たちを主役にしたい。
そこで、映画祭を手伝ってくれた地元の農家の人に、東京からの参加者にコメ作りを教えてもらおうと考えたのが始まりでした。
永島さんには、当時まだ小さかった娘さんを自然の中で泥だらけにして遊ばせたいという思いもありました。
永島さんが生まれ育った千葉県千葉市は、永島さんが小学校低学年の頃までは自然豊かで、東京湾の遠浅の海でアサリやハマグリを採ったり、山で走り回って遊んだそうです。
都会で子育てをしているとそんな体験はなかなかできません。
秋田の農家の人には「子供を遊ばせるためにコメを作ってるんじゃない」
と怒られましたが、本気でやるならということでやらせてもらえることになりました。

スポンサードリンク

この出会いで、農業のすばらしさに気づき農業を広めようと尽力して生産者と消費者の間の溝を防いでいこう、という永島さんの考えから、なんと会社までも設立してそこの代表取締役をするまでになりました!

2005年に「有限会社青空市場」を設立。

各地方と提携して、農業者の育成や農業イベントなども開催して農業を広める、農業コンサルタントとして活動されています。

生産者と消費者をつなぐ活動に力を注いでいるそうです。
現在、毎週金曜日に東京・丸の内で青空市場のマルシェを開催しているそうです。

俳優の傍ら農業の方面でもいろいろな面で取り上げられています。
2017年5月11日、中日新聞東海本社主催の「中日レディーズサロン」が開かれた時には、永島敏行さんが「食を支える~農業っておもしろい」と題して講演されています。

そして奥さんも一緒に地方で農業をしてるらしいですね!!

生産しているのは米だけでなくいろいろな野菜を栽培しているそうですよ!!
ブランドはついていないですが営利を目的としているのではなくとても楽しんで農業を営んでいるそうですよ!!

40歳を前に農業を始めて、いろいろな農家と話をするなかで「自分の言葉」を持てるようになったと感じているそうです。
奥さんからは
「あなたは農業をやってなかったらいやな人間になっていたと思う。
役者だけやっていたら傲慢な人間になっていたと思う」と言われたそうです。

検索したところ、どうやら農業をしている場所は秋田県ではという噂があります。
初めて米作りを体験した地ですし、実家も秋田県のようなので、まぁ、その辺ということであっているのかぁもしれませんが、未確定情報ですので悪しからず。。。

「農業タレント」と呼ばれる。

「実際にそのとおりですね。役者をやっていくために農業をやっている。
女房からも『役者だけやるよりいいね』と言われています」

確かにいろんなコトを遣っている方が人生豊かになりますよね。

石田えりとの関係?

永島敏行と石田えりの関係とは?

気になるワードとして「石田えり」が同時に出ることがあります。
調べたところ、以前共演していた仲、間柄のようですね!
共演が多い人同士というつながりだけで、キーワードが一緒に検索されたみたいです。

現在の仕事は?

永島敏行さんを検索すると「車椅子、車イス」が出て来たのでナニゴトかと思ったら、ドラマ関連でのキーワードだったのですね!

2018年1月期のドラマ「BG~身辺警護人~」では主演の木村拓哉さん(島崎章)が所属する、民間警備会社日ノ出警備保障の社長・今関重信(いまぜき・しげのぶ)を演じています。

  • この今関社長自身も以前は身辺警護の仕事をしていたものの、
    現在は車椅子生活を余儀なくされているという設定でした。

ここ最近の永島敏行さんの行動範囲は幅広く、
このBGや、ドラマ相棒にもご出演されたり、そこそこの俳優業と並行して、農業タレント、農業コンサルタントとしてご自分の実体験を通じた農業の魅力を紹介したり、生産者と消費者をつなげる活動や、今後の農業への展望など思いを語り、日本の未来を真剣に考えているようですね。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)