猫ひろしの嫁の恵子さんの国籍は?仕事は看護師をしてるの?

今回は、猫ひろしさんについて紹介します。

 

猫ひろしさんはこんな方

本名:瀧崎 邦明(たきざき・くにあき)
国籍:カンボジア
出身地:千葉県市原市
生年月日:1977年8月8日
身長:147cm
血液型:A型
出身高校:千葉県立市原八幡高校
最終学歴:目白大学人文学部卒業
所属事務所:WAHAHA本舗

猫さんと言えば、「ニャー」や「ポーツマス、ポーツマス」などといった一発ギャグで人気を博しました。カンボジア国籍を取得し、マラソンランナーとしても有名です。

もともとジョギングなどを習慣的に行っていた猫ひろしさんですが、2005年の「オールスター感謝祭」での番組企画「赤坂5丁目ミニマラソン」を走ったことより、その健脚が注目されました。
2008年には東京マラソンに初出場で3時間48分57秒をマークし、その後も順調にタイムを縮めていき、2015年に東京マラソンで出した自己ベストは2時間27分48秒。
2016年のリオオリンピックでは、カンボジアのマラソン代表選手として出場をしました。
5km通過時点では中最下位になりながらも、最終的に完走した140人中139位となる2時間45分55秒の記録で、オリンピック初出場初完走を果たしました。

マラソンでオリンピックに出場してカンボジア国籍を取得したニュースでも話題になりました。

嫁の恵子さんはこんな方

スポンサードリンク

猫ひろしさんは、2007年4月28日に一般女性の方と結婚しました。
名前は恵子さんと言います。
お相手の女性の身長165cmと猫ひろしさんよりも20cm近く背が高く、シャム猫系の美人との情報があります。

2人の出会いは、友人の紹介で奥さんから猫さんに連絡先を聞かれ、3回目のデートで交際がスタートしたと猫さんが語っています。
猫さんの猛アタックにより結婚へと至ったそうです。

嫁との結婚にあたって、猫さんの芸風を変えたといった面白いエピソードを見つけました。

上半身裸でギャグを連発する猫の芸風に、「彼女の家で『何であんな人と付き合っているの』と家族会議にかけられ一度ふられた」が、Tシャツを着ることで、許してもらったという。

まさに、芸風を変えてでも、結婚したいといった気持ちの表われですね。とても大切に思っておられるのですね。

そんな、猫さんのプロポーズの言葉も面白いので載せておきます。

スポンサードリンク

2006年12月初旬に猫が僕の飼い主になってください」とプロポーズ。女優の藤原紀香(35)とお笑いタレントの陣内智則(32)が兵庫・生田神社で結納を交わした2006年12月10日、都内のすっぽん料理店で結納を交わし、そのときに1・1カラットのダイヤの婚約指輪を贈ったという。

 

国籍はどこなの?

 

猫ひろしさんの国籍はカンボジアです。そういったことで、嫁である恵子さんやお子さんの国籍もカンボジアと思っている方も多いと思われます。
実は、嫁や子供の国籍は日本です。
子供は成人するまでに、日本国籍かカンボジア国籍かを選択することができます。

 

妻、恵子さんの仕事は看護師なの?

奥さんの仕事や職業については、看護師ではいった噂もありますが、一般人ということもあり公表されていません。
年齢については猫ひろしさんと同じといった情報があります。
また、画像については結婚式の際の画像が見つかっています。

 

お二人にお子さんが誕生!

2011年2月11日に、第一子女児が誕生したことを、猫ひろしさんが自身のブログで報告しています。

一昨日、2011.2.11(ニャーワンワンの日・我ながらかなり無理矢理な語呂だな) だいたい13時頃猫ひろし家に、小さな女の子(メス猫)が誕生してパパ猫ひろし略して、パパひろしになりました。

猫ひろしさんらしい内容ですね。

猫ひろしさんの奥さんの恵子さんはは、2016年9月19日に放送されたTBS「結婚したら人生劇変!○○の妻たち」で二人三脚の取り組みについて紹介されました。

恵子さんは様々な苦悩があったことを語っています。

猫は芸人の域を超えてマラソンにのめり込むようになった。
その中でカンボジアのレースに参加したことがきっかけで、現地のオリンピック委員会からオファーを受けた。
「芸人として、これやったら面白いんじゃないかったいうのが先にたちましたね」と前のめりだった猫に対し、恵子さんは「大丈夫なの?っては思いました。傷つく人とかはいないの?って。
国籍変えて、カンボジア代表になるとしたら、落ちる人とか、争わなきゃいけない人はいるの?」と当初は不安もあったことを明かす。

オリンピックに出たいがために国籍を変える。このことによって国内でも論争が起きました。そんなこともあり、22012年にはオリンピックの出場も内定していましたが、取り消されました。

当時35歳で引退を考えてもおかしくない状態でしたが、オリンピックにかける2人の気持ちが2016年のリオオリンピック出場といった結果となりました。

現在もご家族でカンボジアに在住しているそうです。
東京オリンピックに凱旋を果たせるのでしょうか。
期待しましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)