北村晴男の嫁は?創価学会?息子が甲子園出場?なぜ亀田の弁護を担当?

「行列のできる法律相談所」でお馴染みの北村弁護士こと、
北村晴男さんの奥さんについての情報をまとめていきます!

 

嫁は誰?

「行列の出来る法律相談所」では、他の出演者が他分野で活動されていく中、
弁護士業に支障のない範囲でテレビ出演されており、
真面目で誠実な姿勢が評価されている北村弁護士。

その奥さんがどんな方なのか気になりますよね?

北村弁護士は、現在結婚されており、
一般の方ということで情報は少ないようです。

と残念ながら、情報はあまりありませんでした。

夫婦の馴れ初めは?

0

細部の情報はありませんが、奥さんと結婚したのは、
弁護士になる前だったようですね。

結局、司法試験に合格するまで塾経営をしていましたが、合格したのはなんと30歳です。

この間、大学を卒業したのはもちろん、結婚して子供(長男)も生まれて家庭も持ちました。

スポンサードリンク

苦労人だったんですね!

あきらめないで努力が報われて良かったですね!

高校時代から弁護士を志し、勉強に励んでいる中で結婚されていたんですね。

どんな環境にあっても夢を追いかける姿勢は憧れます^ ^

 

子供は?

北村弁護士には、お子さんが3人います。

 

娘は?芸能活動?可愛い?

長女は残念ながら一般人のため情報はありませんが、
次女は、北村まりこさんといいます。

現在は洗足学園音楽大学声楽科に通いながら、
舞台女優を夢見て芸能活動をスタート

ということで、芸能界デビューしています↓

KITAMURA

生年月日:1992年4月2日生まれ
出身地 :神奈川県
サイズ:T160/B85/W63/H87/Shoes24.5
好みのタイプは、中村雅也

女優を夢みるだけあり、可愛いですね!

ただ、このプロフィール写真が話題を呼んでいます↓

8月に父との共演で同局系「踊る!さんま御殿!!」でデビューし、
明るい性格とトークの上手さが話題に。

別の番組では有吉弘行(39)にプロフィル写真と実物が違いすぎるとイジられたが、
「少し傷つきましたけど気が楽です」と笑う。

その写真が↓

hqdefault

確かに、、、可愛くないわけではありませんが、、、

写真とは別人ですねw

この反応に対して本人は↓

写真詐欺の人です。この写真は実物とはやや違います。

七光りをフル活用して、ごくたまにテレビにでています。

宜しくお願いします。

と、自虐的なコメントをしていますが、個人的には好感度があがりました。

その後、反響を受けてなのかプロフィール写真は変わっていました↓

kitamura2

確かにこちらの方が実物に近いかと思います↓

北村まりこ 画像2

こんなことも↓

日本テレビ系「行列のできる法律相談所」に出演中の北村晴男弁護士(57)の娘でタレントの北村まりこ(21)が、
25日発売の「週刊ポスト」で、セ○シーグラ○アに初挑戦した。

日テレ系「有吉反省会」でプロフィル写真が実物とあまりにも違い過ぎる!

と話題となり、番組を見ていた同誌の編集者が、
「そんなことはないんじゃないか」とグラ○ビアオファーした。

北村は「撮影中は羞恥心で死にそうでした。

どこに需要があるのか分かりませんが、会話のネタくらいにはなると思うので、
お時間ありましたら御覧になって」とPRした。

撮影は渡辺達生氏。

WS000001

女優業でも活躍されています↓

日本テレビ系「行列のできる法律相談所」に出演する北村晴男弁護士(58)の次女で
タレント・北村まりこ(22)が17日、都内で、初舞台「暴走ジュリエット」
(26日千秋楽、東京・あうるすぽっと)の初日を迎え、女優デビューを飾った。

北村晴男娘

仲も良いようです↓

images (19)

 

長男はプロゴルファー?

長男は、北村晃一さんと言い、プロゴルファーをしています。

ダウンロード (2)

高校は桐光学園で父と同じ野球をしていて
二塁手として甲子園に2度も出場する実績を持ち、

大学は父と同じ弁護士を目指し、司法試験の名門である
中央大学に進学すると大学4年生の時にゴルフを本格的に力をいれると
あっという間にゴルフのプロテストに合格をして

父の勧めもありプロゴルファーの道を選んだそうです。

父親譲りでしっかりとしてますね!
顔立ちもどことなく似ています。

 

弁護士としての活動、年収は?

弁護士としての実力も高く評価されている北村弁護士

スポンサードリンク

その、仕事ぶりや気になる年収はどれぐらいなんでしょうか?

調べてみると、所属している弁護士事務所では、
一般の法律相談は30分8400円。顧問料は月5万円で、有名な弁護士の中では高くありません。

しかしさすが弁護士です!

年収は、弁護士としては2000~3000万円タレントとしても2000~3000万円ほどということでした。
両方合わせて年収は約5000万でけっこう稼いでますね!

さすが、かなりの収入を得ているようですね。
プロゴルファーである息子さんにも資金援助されているようです。

弁護士としての専門分野は、主に一般民事(保険法・交通事故・債権回収・医療過誤など)です。

特に生命保険に関する訴訟で高い評価を得ているようです

実際のケースでは、2011年4月には大相撲八百長問題に関与して解雇処分とされた星風の弁護人を務めたり、
ジャックスのドメイン訴訟では、原告のジャックス側代理人(弁護団)の一人として関与しました。

と、専門分野で活躍されているようです。

 

なぜ亀田の弁護を担当したのか?

ダウンロード (3)

2014年に亀田兄弟の弁護を引き受けたことでも話題になりましたね↓

2013年12月に3兄弟の次男・大毅氏の
IBF・WBA世界王座統一戦の「負けても王座問題」
JBCは2014年2月に一連の混乱を招いたとして
亀田ジムの会長らを処分。

実質上の国外追放処分であったため、
その後3兄弟は国内のリングに立てない状態となった。

その間の不当な処分にジム移籍の妨害により
生じた興行収入やファイトマネーを得られなくなった事による
多額の経済的損失を受けたとしている。

国内での試合が一切出来なくなった三兄弟は
海外に拠点を移すも試合数や、やっとこぎつけた試合にも
思うような結果を残す事が出来ずに、
長男興毅が10月、次男大毅が11月に引退している。

 

このことに対して、亀田側がJBC側に起訴したことが始まり、
亀田兄弟と接点がなさそうな北村弁護士が、この仕事を引き受けた理由は?

shinsuke_14

全く接点がなさそうなこの北村弁護士と亀田一家をつなげたのは
現在は芸能界から引退した島田紳助さんが紹介したというウワサが。

それと北村さんも弁護士です。

これだけ大きい金額の有名人の訴訟ですので
かなり内容を吟味して受けるはずですよね?

なので、勝てる見込みがあるとして、
弁護を引き受けたのではないかと言われています。

どうも元々あまり素行も良く無く当然世間の見る目も良く無かった
亀田一家をJBC側が2013年職員の監禁・恫喝をしたとして起訴を起こしていたそうです。

それをきっかけに国外追放した形ですね。

だが、事実は全くのガセ情報だったのです。

お互いにかなりの不調和音があったのでしょう。

亀田一家も不足の自体に備え、その監禁・恫喝の日の
個室内を一部始終録画していたのです。

その確たる証拠に名誉棄損として弁護すること
になります。

 

結果は?

ダウンロード (4)

日本のプロボクシングを統括するJBC(日本ボクシングコミッション)の職員が、
亀田興毅・和毅両選手らに監禁・恫喝されたとして、両選手らを訴え、
逆に亀田選手側も「名誉を傷つけられた」として、
職員に慰謝料を求めていた裁判の判決が9月30日、東京地裁であった。

倉地真寿美裁判長は

「(両選手らが)強要、監禁、どうかつ及び暴行というべき違法行為に及んだとの事実は認められない」として
JBC職員の訴えを退け、亀田選手側が求めた慰謝料のうち、320万円を認める判決を下した。

亀田選手たちの代理人をつとめる北村晴男弁護士は東京・霞が関の司法記者クラブで会見し、
テレビ出演時と変わらない落ち着いた口調で、勝訴判決の内容を報告。

虚偽の事実を公表して、2人のプロボクサーを社会的に抹殺しようとする行為は、到底許されない」
「亀田選手らは、今回の事件で、莫大な経済的損害を被っている」
と強調した。

勝訴したようですね。

流石といったところです!

そしてこの裁判で重要な役割を果たしたのが、例のビデオだったとのこと。

やはり勝てる裁判だから引き受けたようですね!

 

創価学会なの?

ダウンロード (5)

弁護士として、人気と実力兼ね備えている北村弁護士

ネットで、北村弁護士を調べると創価学会というキーワードが出てくるので調べてみました↓

北村晴男@kitamuraharuo 1時間1時間前
ビックリ
Wikipediaで、私が創価学会芸術部員にさせられている
誰が勝手に私を学会に入会させたのだ?誰に抗議したら良いのか?
誰かが私を嵌めようとしている!頭に来た!
というコメントがあるように、ネットにデマを流されたようです。
c41665815dfbf16b9d45581a02076346
↑これは怒っても仕方がない^ ^;
ネット情報はこういった嘘が多いですね。
ちなみに、現在は修正されています。

まとめ

t02200123_0272015213431658815

タレントとして活動する傍ら、本業である弁護士の仕事も完璧にこなしているのは流石ですね。

今後も、親子共々多岐に活躍されるを期待しています。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)