山崎弘也の嫁は?画像あり?高校時代は野球部?子供は?

バラエティ番組に引っ張りだこの山崎弘也さんについてご紹介します。

山崎弘也について

まず山崎弘也さんですが、ザキヤマさんと言った方が分かりやすいでしょうか。

「ザキヤマ」の画像検索結果

本名 :山崎 弘也
生年月日 :1976年1月14日
出身地:埼玉県春日部市
血液型 :B型
身長 :168cm
最終学歴 :埼玉県立春日部工業高等学校
コンビ名 アンタッチャブル
事務所 プロダクション人力舎

ザキヤマさんの現在の年齢は41歳。

お笑いコンビ「アンタッチャブル」として活動し、現在はおひとりで数々のバラエティ番組へ出演されています。

 

嫁の年齢と画像は?

そんな山崎弘也さんですが、2014年8月14日に9年の交際を経て一般女性と結婚しました。

ザキヤマ(山崎弘也)と結婚した嫁は誰?結婚式はしなかった?

「ザキヤマ結婚?9年交際?えっ!?」

「えっ!?はっ!? ザキヤマ結婚したって嘘かと思った!!! リアルガチやったん!? やっば!おめでと!」

スポンサードリンク

「ザキヤマさんおめでとう♥️ 絶対素敵な旦那さんになるだろうな(≧∇≦)」

などと祝福される一方、「え~ショック」「まじで!?うそー」という悲しみの声も多数あった。

実は山崎弘也さん、その飾らない明るい性格で、一緒にいたら絶対楽しそうという理由から意外にも女性人気が高かったようで、結婚報道は話題になりました。

そんな山崎弘也さんの心を射止めた女性、気になりますよね。

7歳年下の一般人ということです。

顔は画像や映像など公開されていませんが、噂によると宇多田ヒカルさん似だそうです。

「宇多田ヒカル」の画像検索結果

結婚式を行わなかった山崎弘也さん。

その理由は、

「マスコミが集まって彼女の家族に迷惑を掛けたくないから」

一般人の奥様への気配りができて優しい旦那様ですね。

 

馴れ初め

山崎弘也さんと嫁の馴れ初めは、テレビ局員からの紹介だったと言われています。

珍しい馴れ初めですね。

二人の交際期間は2015年の結婚当時で9年に及んでいたと言いますので、2015年の時点で9年前、つまり山崎さん31歳で嫁が23歳のときに始まった関係ですね。

交際期間9年って凄いですね!

9年の交際を実らせての結婚です。
山崎さんは『自分の結婚は有田さんがしてから』とよく言っていました。

ですが、9年間支えてくれた彼女のことを想って結婚を決意し、『すみません。お先に失礼します』と報告したそうですよ。

山崎は結婚発表後、8月25日に『第1回AKBグループ対抗大運動会』の司会者として初めて公の場に立った。

その場で、「プロポーズの言葉は?」と聞かれた山崎は、「トラックの前に飛び出して、『僕は死にましぇん』ということがしたかったですけど、ハネられちゃったら終わりですから。

『結婚してください』と言いました」と明かしていた。

「ストレートに結婚して下さい」が一番良い気がします!

 

子供は?

ザキヤマさんに子供はいるのでしょうか?

2016年7月26日には、嫁との間に第一子女児が生まれたことを明かした山崎弘也さん。
子供が自分似ということから、サービス精神たっぷりなコメントをしています。

娘さんの現在の年齢は1歳ですね。

娘さんの将来が楽しみです♪

スポンサードリンク

 

元ヤンだった?

そんな優しい山崎弘也さんですが、元ヤンだったとの噂があります。

山崎弘也さんは、中学・高校時代にヤンキーへの憧れはあったそうですが、元々は今と変わらず明るいお笑いキャラ。

当時は、プロ野球選手を目指すほど野球に打ち込んでいた野球少年。
しかし高校へ入学してみると周りはヤンキーばかり…

先輩が後輩をボコボコに殴るような光景が日常茶飯事で、殴られないように考えたのが今のキャラだったそうです。

今のお笑いキャラで先輩に可愛がられていたそうで、ヤンキーだった可能性は低そうです。

高校時代にこのようなことがなければ、今のザキヤマさんはいないですね!

 

韓国人なの?

山崎弘也さんを検索すると韓国人というワードも浮上します。

その理由は2つありそうです。

まず1つ目ですが、

韓国のコメディアン「キム・ヒョンゴン」さんと似ているとの画像が出回っているようです。

確かに、目元やエラのはった輪郭が似ていますね。

そして2つ目、山崎弘也さんは大の少女時代好きということです。

バラエティ番組でも山崎弘也さん本人が公言しています。

過去に、南海キャンディーズの山ちゃんこと山里亮太さんが山崎弘也さんと一緒にライブへ行ったことを語っていました。

「(ライブにて)『MR.TAXI』って新曲が流れたとき、振り付けが可愛いの。

ハンドルを回してる感じで。ザキヤマさんに『PV見て振り付け覚えてきて』って言われてて。

2人で踊ってて、俺は複雑なところ出来てなかったけど、ザキヤマさんは完璧に出来てたからね」

「あと、ザキヤマさんって、いい加減なイメージあるじゃない?だけど、サニーって子が体調スゴク悪くて、途中で居なくなっちゃったの。

それもザキヤマさんがすぐに気づいて。『山ちゃん、サニーが居ない』ってずっと言ってて。

それで後で、体調不良で病院に行ったってことを聞いて。『大丈夫かな?』って心配してて」

「だけど、アンコール終わったらサニーが出て来て、そのときのザキヤマさん、どうしてたと思う?泣いてんのよ(笑)あの人、泣くんだってビックリしたよ」と語っていた。

どうやら熱狂的なファンなようですね。

以上の2つから、韓国人というワードが引っかかっているのではないでしょうか。

 

高校時代は野球部だった?

先程の元ヤン説でもありましたが、高校時代は野球部に所属していました。
テレビ朝日系バラエティー「アメトーーク!」で“高校野球大大大好き芸人”として出演もしています。

そこで明かしたエピソードには、少し切ない過去も明らかとなりました。

いまや“ひな壇芸人”として抜群の存在感を誇る山崎だが、野球をやっていた頃は「監督に自分の存在すら認識されてなかった」(山崎)ほど、存在感が薄かったことを告白。

「ポジションをコンバートしたいという話をしたときに、自分のことを知られていなかったことに気づきまして(笑)。

それもけっこう後半だったんですよ!」と、いまだからこそ笑いにできる話を披露した。

そんな実体験も踏まえて、高校野球の魅力は「すべてが終わってしまうっていう切なさ」と語る。

「負けたら基本的に7割くらいの選手は、野球人生が終わるんです。

そこから大学に行く人、社会人、と分かれていって…プロに入るのは本当にごくわずかの人間なんですよね。

人生の大きな分岐点を目の当たりにできるってことが魅力というか、全員頑張れと思っちゃうのが高校野球ですよね」。

プロになれる人は、本当に一握りですからね!

これからの山崎弘也さんの活躍まだまだ期待しています♪

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)