東国原英夫の嫁は春香で年齢は?元嫁は女優で離婚理由は?子供は何人?

今回は元宮崎県知事でタレントの東国原英夫さんについてみていきましょう。

東国原英夫の嫁・春香の年齢は?

元宮崎県知事として宮崎の発展に貢献し、「どげんかせんといかん」という流行語を生み出した東国原さん。

そんな東国原さんが再婚した相手が話題になっています。

長崎出身の春香さんは1977年生まれの40歳

お茶の水女子大学卒業後は一般企業に就職していますが、若いころはレースクイーンやモデルのバイトをしており、才色兼備です。

東国原さんは2014年9月16日、57歳のときに現在の嫁・春香さん(当時37歳)と結婚しました

東国原さんの誕生日のことです。

2人の出会いは2011年4月、東京都知事選の落選後、地元宮崎で友人が開いてくれた激励会で、落ちこんでいた東国原英夫さんを励ましたのが嫁・春香さんでした。
1年後に交際に発展し、6月に東国原英夫さんの母親が骨折で入院したとき、献身的に看病・介護してくれたので、結婚したいと思いました。
3年間の遠距離恋愛を経て結婚。
プロポーズの言葉は「将来、僕の介護もしてくれないか?」で、嫁の返事は「はい、喜んで」です。

スポンサードリンク

遠距離恋愛を経てからの結婚だったのですね!

自分のお母さんを大事に看病してくれたら好きになるのも無理はないですよね。

2015年1月5日放送「私の何がイケないの?SP」に春香さんが出演し、週に2回、車で1時間半かけて東国原さんの実家に行き、旦那の母親を介護していることを語りました。

母親は膝に水が溜まっていつも激しい痛みがあるので、痛みを和らげるため足湯マッサージしたり、体をふてあげたりしています。
でも認知症も患ってて春香さんだと気づかない日も。
家のバリアフリー化も春香さん1人で行ったとか。
東国原英夫さんは東京と宮崎を行き来する生活で、実家に顔を出すのは4か月に1度という別居婚状態。
介護は春香さんに任せっきりです

すごいですね・・・

自分の親だってここまでできるかわからないのに、誰の協力も得ず1人で旦那の介護をする・・・

良妻すぎて感動します。

しかし放送翌日に東国原さんがツイッターで反論

・親の介護は嫁が週2でヘルパーが週2。東国原英夫も帰省時は介護やってる
・実家のリフォームは全てやってます
・和服はそもそも嫁の趣味
・家事をしようとすると嫁が嫌がる
・嫁は料理学校に通っていて細かく注文してくれたほうが良いと言われた
・嫁には労いや感謝の気持ちをいつも伝えてる

まぁテレビなので視聴者が興味沸くように脚色するのは普通ですよね。

献身的な良い奥さんなのは間違いないようです!

 

元嫁は女優で離婚理由は?

東国原さんはあまり知られていませんが、バツイチではなくバツ2です。

 

1人目は片平みきよ

1人目の妻はフリーアナウンサー・タレントとして活動している片平みきよさん。

2人は1985年に結婚しましたが1989年に離婚。

子供はいなかったようです。

2人の馴れ初めは片平みきよさんが師匠ビートたけしさんの追っかけで、ドラマ共演したときに出会い、交際に発展しました。

スポンサードリンク

離婚理由は、たけし軍団が講談社に殴り込みした1986年の「フライデー襲撃事件」でした。

ビートたけしさんの彼女への過剰取材に対する抗議が原因だったとされています。

東国原さんは乗り気じゃかったのですが、師匠に呼ばれ、片平みきよさんに「ちょっと行ってくる」と言って参加します。

しかし事件は不起訴となるも4~5か月自宅に帰ることができず、やっと帰った時には片平みきよさんの荷物が消えていました。

さらに謹慎中に書いていた推理小説「ビートたけし殺人事件」を謹慎明け1988年に出版したら多額の印税が入ってきたのをいいことに、東国原さんは遊びまくってしまい、家に帰らなくなってそのまま離婚したようです。

 

2人目はかとうかず子

2人目の妻は女優のかとうかず子さんです。

2人は1990年に結婚し、2006年に離婚しています。

1990年に長男、1993年に長女を出産し、離婚後の親権はかとうかず子さんが持ちました。

出会いは1989年、ドラマ「ビートたけし殺人事件」での共演でした。

東国原さんが猛アタックしてかとうさんがほだされ、1990年3月に結婚しました。

離婚理由は、東国原さんの「政治家になる夢」についていけなかったから、と言われれています。

東国原さんはかとうかず子さんと結婚後、1997年に後輩を殴って傷害容疑で書類送検されたりかなりかとうさんに迷惑をかけています。

1998年はイメージクラブ店の未成年の従業員が客として東国原さんの名前をあげ警察に事情聴取を受け、倫理的にバッシングされてしまい、芸能活動を5ヶ月自粛しました。

その間は妻であるかとうかず子さんが家計を支えました。

東国原さんは自粛してる間に早稲田大学入学を決意し、2000年に社会人入試で早稲田大学第二文学部社会人間系専修に入学し、2004年に卒業しました。
さらにその年に社会人AO入試を受け、早稲田大学政治経済学部政治科へ入学し、政治家の夢に近づいていきます。

自分のやりたいことを優先していった結果、2007年に東国原さんは宮崎県知事になり夢をかなえました。

しかしかとうさんは、友達として応援はできるけど嫁として一緒に宮崎まで行って支えることはできないと、離婚を決意したのです。

 

子供は何人?

東国原さんの第一子はかとうかず子さんとの間にできた長男ですね。

長女がうまれたあとに離婚していますので、かとうさんとの間には2人子供がいることになります。

現在の妻・春香さんとの間には2017年10月5日、男の子が誕生していました

40才の高齢出産だったので、公表を控えていたそうです。

子供の名前は「英ノ丞(ひでのじょう)」といい、嫁・春香さんが考えたといいます。

旦那の名前にある「英」と、出身地の都城市(みやこのうじょうし)に近い名前を意識したそうです。

ネットでは

「キラキラではないが変な名前」
「戦国武将か」
「名字も珍しいのに名前も珍しい」
「東国原英之丞ってすごい名前」
「たけしさんにずっとイジられそう」

と様々な意見が飛び交っていました。

たしかにすごい神々しい名前というか、画数が多くて名前を書くときに大変そうというか・・・(笑)

それにしても、40才で出産はすごいことですよね!

大きくなったら東国原さんと同じ政治の道に進むのかもしれませんね。

この辺で東国原英夫さんの紹介は終わりです。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*