宮川大輔の嫁は外国人マーコで年齢は?子供の画像?父親は病気?

今回は、お笑い芸人の宮川大輔さんについて調べてみました。

宮川大輔とは?

宮川大輔さんといえば、「世界の果てまでイッテQ!」「人志松本のすべらない話」など数々の人気番組に出演されるお笑い芸人さんです。

2007年より「世界の果てまでイッテQ!」にて宮川が「お祭り男」として世界各地のお祭りに参加する企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」が全国的に人気を博し、老若男女問わず幅広い層の人気を獲得した。2015年には人気のある祭りを選び、宮川のインタビュー等を収録した本が発売された。

「お祭り男」として、キラキラ(食べ物をリバース)や様々な競技で体を張る芸風にはお笑いだけではなく感動すら与えてくれますよね。

今では、CMにも引っ張りだこの人気者の宮川さんですが、かなり苦労人みたいです。

今では、ピン芸人として活動されていますが、昔はほっしゃん。こと星田英利さんとコンビを組まれていました。

1991年3月に同期の星田英利とチュパチャップスを結成。

スポンサードリンク

同年より同期のナインティナイン(宮川が入った時にはナイナイの二人は学費未納で中退していた)等と共に、お笑いユニット「吉本印天然素材」に参加する。

なお宮川はメンバー最年少であった。

天然素材は懐かしいですね。ナイナイ以外のコンビは、なかなか東京に進出できず、チュパチャップスも燻ぶり続けました(後に解散)。そんな中、宮川さんはご結婚されたみたいです。

 

宮川大輔の嫁マーコ

上の画像の女性が宮川大輔さんのらしいです。
はっきりした顔の美人さんですね。出会いはどんなものだったんでしょう?

二人の出会いは、マーコさんが働いていたクラブだったのだとか。マーコさんが働いているクラブに宮川さんがお客として来店し、しばらくは友人関係が続いていたとのこと。

その後、宮川さんがマーコさんを含む友人とともに旅行に行ったことがきっかけとなり、交際がスタート。1997年には結婚するという運びとなりました。

奥様のお名前は真木子さん。「マーコ」というあだ名で宮川さんや芸人仲間からは呼ばれているそうです。

 

年齢は?

1997年、25歳の時にお二人は結婚されました。

真木子さんの年齢は宮川さんと同い年の1972年生まれの現在45歳
出身地は大阪府八尾市といわれています。

こちらがご夫婦一緒の写真ですね。とても幸せそうですね。
宮川さんは結婚について、次のように語っていました。

「この子といる自分はこんな楽しそうにしてるんやなぁ。この子がずっと隣にいてくれたらええなぁ」って。そこからですね。『結婚』ということを意識しだしたのは。

一緒にいて楽しいのが一番ですからね!
これからも嫁さんや子供のためにお仕事頑張っていってほしいと思います。

 

外国人?

真木子さんは、もしかして外国人ではないかと噂されていますが…。
こちらの写真では少し印象が違いますね。

宮川大輔さんの妻であるマーコさんには、外国人説もあります。もちろん、一般メディアで噂されているわけではなく、ネット上のただの噂話だったりします。

スポンサードリンク

色々調べてみましたが、出身地は大阪府ですし国籍は日本なので外国人ではないみたいです。エキゾチックな顔立ちから外国人ではないかと噂されたみたいですね。

 

子供の画像?

こちらが宮川さんと子供の画像のようです。宮川さんの面影がある可愛らしいお子さんですね。

2010年12月2日に第1子(男児)が誕生。名前は「健太」であることを明らかにしている

お名前は、健太くん。現在は7歳になられています。
宮川さんは37歳でパパになられました。30代後半に初めて授かったお子さんですから本当に可愛いでしょうね。

現在は、無事大きくなられていますが、健太君の出産時は大変だったみたいです。

8ヵ月の定期検診に一緒に行って、「順調です」って言われて帰った夜に破水して、病院に行ったら即入院になったんです。僕、その頃「破水」とか全然知らなかったんですよ。病院に着いて診てもらったら、「このまま出産になるかもしれません」ってお医者さんに言われて、その時期はまだお腹の中の赤ちゃんが2000gない状態だったので、今この状況で産まれた場合のリスクや障害の話なんかをされてね。

やっと授かった命が危険にさらされるなんて辛い思いをされたんですね。

子供の誕生で命への考え方が改まったようです。

お陰様で、息子はお腹の中で2000g超えてから産まれてきてくれたんですけど、僕はそれまで五体満足ということが当たり前だと思っていたんですけど、当たり前じゃなくて奇跡なんだなと思いました。

無事生まれてくれ、現在もスクスクと育ってくれ、大変な妊娠期間だった分、感慨深いのではないでしょうか。

 

父親は病気?

宮川さんのお父さんのお名前は雅次さん。NHKの「ファミリーヒストリー」で紹介されました。

2012年6月、大輔の父宮川雅次は個人タクシーの運転手をしているが、こまめで顧客を抱えている。しかし、この職についたのは50歳のころからだった。

お父さんは眼鏡を掛けられていないんですね。眼鏡をかけると似てるかもしれません。

宮川さんの父親が病気ではないかと噂があったのですが、調べても分かりませんでした。
もしかすると、大助・花子の大助さんと勘違いされているのかもしれません。

夫婦漫才コンビ「宮川大助・花子」の宮川大助(66)が、きょう2日に大阪市内の病院で腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)の手術を受け、無事成功した。同日、所属事務所が発表した。事務所によると、大助は以前から腰痛の持病があり、最近になり悪化。検査の結果、腰椎に数ヶ所、神経が狭窄している様子が確認されたため、手術を決断し、先月28日から入院。今後は、しばらくは安静に努め、リハビリ後に退院する。仕事復帰については、主治医の判断の上進めていくという。

宮川大輔さんのお父様ではないですが、大助さんも元気になられて良かったです。

「みやがわだいすけ」といえば、昔は大助・花子でしたが、今では宮川大輔さんが検索で上位にきます。人気絶頂の今だからこそ、宮川さんも健康には気を付けてもらいたいですね。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)