なべおさみの嫁で元女優の笹るみ子との馴れ初めは?豪邸がスゴイ?

「シャボン玉ホリデー」でお茶の間の圧倒的な人気を獲得したなべおさみさん。
息子さんのなべやかんさんの「明治大学替え玉受験」を起こしマスコミからバッシングを受け、テレビから姿を消しましたが、嫁、息子、現在は何をしているのか、なぜ金持ちだと噂されているのかについて紹介します。

 

なべおさみの嫁で元女優の笹るみ子さんは死亡していた!

なべおさみ(77)の夫人で、なべやかん(46)の母親の元女優笹るみ子さん(本名渡辺瑠美子=わたなべ・るみこ)が17日午後4時48分、間質性肺炎のため死去した。

76歳だった。通夜と葬儀・告別式は家族葬で行う。

約3年前から膠原(こうげん)病を患い闘病生活を送っていたが、先月末に体調を崩して入院した。

おさみは本紙の取材に「リウマチなので入院することもなかったのですが、今回入院して急に…。今は、ただただ感謝の言葉しかない」と話した。
笹さんは群馬県前橋市生まれ。東宝にスカウトされて57年に映画「青い山脈 新子の巻」で女優デビューした。
62年に東宝テレビ部に移籍。
66年に引退、翌67年におさみと結婚。同年に長女、70年にやかんを出産した。
奥様はすでに他界されています。
ご冥福をお祈りします。
なべさんは身長はあまり高くありませんが、結婚相手は映画女優さんと結婚されていたんですね。奥様はどこに惹かれたのかわかりませんが、興味のあるところです。

2人の馴れ初めは

おさみは、1967年に結婚した際のプロポーズの言葉が「俺と一緒になれば、いいおばあちゃんにしてやる」だったと告白。
結婚を機に女優を引退し、家族を支えてくれたるみ子さんに「気遣いの人でした…」と感謝した。
馴れ初めはわかりませんが、とてもいい奥様だったんでしょうね。
笹るみ子さんは 1957年、東宝にスカウトされ、「青い山脈」「社長三代記」などの映画に出演されていました。

安倍総理父子と家族ぐるみの付き合い。

 

「じつはトランプ大統領との日米首脳会談を終えた安倍首相が帰国して最初に会った民間人は、なべおさみさんだったんです」(政治部記者)

帰国翌日の国会審議を終えた2月14日夜。安倍晋三首相(62)が向かったのが、東京・目黒雅叙園で開かれていた、なべおさみ(77)のパーティだった。

じつはこの2人、父親である故安倍晋太郎・元外相の代から家族ぐるみの付き合いだという。なべおさみ本人が、当日の様子を明かしてくれた。

「総理は、米国滞在中もわざわざ『スケジュールはとってあります。必ず出席します』と、念押しのメールを送ってくれたんですよ。本当にありがたくてね」

スポンサードリンク

その言葉どおり、国会を終えて会場に駆けつけた安倍首相はサービス精神満点だった。

なべおさみさんの交友関係は芸能にとどまらず、政治、スポーツ、など多方面にあるようで、金丸信とのエピソードなど自ら執筆した本である「昭和の怪物 裏も表も芸能界」(講談社)にそのあたりの交友関係が書かれているそうです。
韓国人ではないかとか韓国との関係を噂されていますが、そういったことはありませんでした。

なぜ金持ちなのか?豪邸に住んでいる?

 

なべおさみさんは「芸能人御宅訪問」という番組に出演したことがあるそうですよ。

スポンサードリンク

お値段はなんと5億円!!

世田谷にある高級住宅地にお住まいなんだとか。

家の画像はありませんでしたが、5億円とは大豪邸ですね。

なべやかんと父子で鍋専門店をプロデュースも。

 

コメディアンで俳優のなべおさみさんとお笑いタレントのなべやかんさん親子がプロデュースするお「なべと地酒、鍋ごころ」。
店内には掘りごたつやテーブル席、カウンター席、半個室席など全50席を設置。

BGMには昭和時代の音楽を流す。

現在は残念ながら閉店してしまったようです。
口コミなどではありとあらゆるところに意味もなく、やかんが置かれているとか。
なべ、やかんとウケ狙いではなく、美味しかったそうです。
 
なべおさみさんがなぜお金持ちかという理由はわかりませんでしたが、
いろんな交友があって、事業も始められているようなので、お金は回ってくるのかもしれません。
スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*