田口計の嫁や息子について。現在は何してるの?

昭和時代の悪役俳優といえば田口計さんでした。

現在は何をしてるのでしょうか?

田口計さんとは?

かつてはジャックニコルソンさんや海外映画の男優さんの吹き替えを数多く担当されていて、魅力的な渋い俳優さんだったようです ね。
日本の時代劇モノやドラマでは悪役スターの代表的存在のお一人でもあります。
2011年テレビ朝日系列のシリーズものの刑事ドラマ「相棒」という人気ドラマに数度出演していたのがメディア最後のようで、最近 見かけない気がします。。。

プロフィール

芸名:田口 計 / たぐち けい
本名:岩田克彦
誕生日:1933年1月10日(84歳/2017現在)
出身地 長野県佐久市
身長:165cm
趣味:テニス 陶芸 カメラ
特技:シャンソン 料理 英会話
デビュー年:1955年~

ちなみに同じ年代の有名人には、 黒柳徹子さん、俳優の菅原文太さんや政治家の扇千景さん、 高木ブーさん等。
なお、作家の吉岡忍氏は甥だそうです。

◆東大出身の俳優

東京大学文学部英文学科を卒業されている田口計さん。
ご本人はかつて取材等で、
「東大の入試ではトップに近い成績で入学できたが、在学中は反戦運動と芝居に熱中しすぎて、卒業時は ほとんどビリに近い成績だった」
とお話しされていたそうですが。
キチンと無事に卒業出来ているのですから素晴らしい学歴の持ち主です!

田口計さんは東京大学を卒業後、1955年の映画「愛すればこそ」で俳優としてデビューします。
その後も暴れん坊将軍や水戸黄門などなど有名な作品に悪役として多数出演!

スポンサードリンク

俳優としての出演作など

主なテレビドラマ出演作
『ザ・ガードマン』『銭形平次』『必殺シリーズ』『暴れん坊将軍』
主な映画出演作
『第五福竜丸』『日本の首領 野望篇』『俺の空』『白昼の死角』

また東大卒という学歴を生かし、クイズ番組やバラエティ番組に出演する機会もあったようです。
あまり想像できませんねぇ。
でも20年以上昔のクイズ番組はほとんどの解答者は著名人や学者などの博学者が多かったです。
現在は、お笑い芸人がほとんどで、ショー的な要素も多いのですから時代は変わりましたね。

また、杉良太郎明治座公演『遠山の金さん』をはじめ時代劇の舞台公演にも出演。

八名信夫さんや川合伸旺さんらと並び、ドラマや時代劇の悪役ならびに悪代官役でなどの悪徳商人等を多数演じて名を馳せた。
いわば悪役で時代劇ファンの人気を獲得した(「悪の廻船問屋や材木問屋役といえば田口」といわれたほどに)。
有名なセリフで「〇〇屋、お主も悪よのう」というイメージを定着させた1人でもあります。

海外映画やドラマ俳優の吹き替え

海外映画やドラマ俳優の吹き替えなどでも声優としての実績も作品が数多くあり豊富です。
声優は目に見えない声での演技力が求められるので、数十本以上の作品に起用され、また特定俳優の声を専属で勤め上げることはかなり至難の業かと思えます。

専属の声を担当した俳優は以下の通りです。(作品は抜粋)

ケーリー・グラント
「鷲と鷹」、「汚名」など

スポンサードリンク

マーロン・ブランド
「片目のジャック」、「若き獅子たち」

リチャード・バートン
「聖衣」、「クランスマン」

何十本もの声優を出来るだけの素敵な声の持ち主でもあったといえるのでしょう。
ナレーションでも定評があるということですし。。。

田口計さんのお嫁さんや息子さんは!?

お嫁さんについて!

いくら調べてみても「妻」「奥さん」「嫁」らしき情報は見つかりませんでした。
昭和の俳優さんはとくにプライベートは話さないことが当たり前でしたから、いつの何年に結婚したのか、お嫁さんはどういう方な のか全くわかりません。。。
恐らくどう考えても非公表ということは一般の方だと思われるので名前や顔などは皆無でしょう。

そして息子について!

田口計さんは息子さんがいるそうです。
しかも芸能界でご活躍されていて現在50代です!

名前は岩田和樹さん!

誕生日:1965年11月24日
星座:いて座
出身地:神奈川県

上智大学卒業後、文学座に入団し俳優としてデビュー!

神奈川県出身の俳優で「踊る大捜査線」などでの脇役などが多いようです!
残念ながら、詳細は不明なんです。。。
今でも俳優として活動中とのことです。

父親が東大出身の名優で、息子が上智大学出身で親子揃って芸能界入りを果たし、親戚には著名な作家がいるという高学歴な天才家系とでもいえるのでしょうか?
それとも、こんなに素晴らしい学歴からしたら、芸能界にいるほうが勿体無い気もしますけれど・・・。

なお岩田和樹さんは次男ですのでご長男さんもいらっしゃると思われますが、残念なことにご長男に関しての情報は探してみてもありませんでした。
情報が無いということで恐らく一般の方なんでしょうね。

親戚には著名な作家が!

吉岡 忍(よしおか しのぶ、1948年7月6日~)
『墜落の夏 -日航123便事故全記録-』(1987年)で第9回講談社ノンフィクション賞を受賞する。

早稲田大学政治経済学部在学中に、ベトナム反戦運動に参加し、米軍脱走兵の逃亡支援活動に従事。
1969年には、新宿駅西口地下広場で「新宿フォークゲリラ」を企画した。
その後、ノンフィクション作家となる。
言論の自由・報道の自由に関して積極的発言を続ける。
2017年6月、日本ペンクラブ会長に就任。

-----

2000年に入って、田口計氏のドラマ出演、映画作品などはググッと減少していますが、最近では舞台に出演されていたようですね。
細川たかしさんと中村美津子さんW主演による公演「遠山の金さんVS女ねずみ小僧(2016年)」にご出演されていたそうです。
まだまだご活躍の余地はあるのでしょう。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*