光石研の嫁はテコンドー経験者?画像あり。息子は歌手?自宅住所は世田谷区赤堤?

今回は幅広い演技で注目を集めている、人気俳優光石研さんについて紹介したいと思います。

嫁は

光石研さんの人生の大きな節目となる出来事とは結婚です!

光石研さんは29歳の頃に結婚されています。

光石研さんの奥さんは一般の方なので詳しい情報はないのですが年に1度海外旅行に行っているそうです。

夫婦仲はよさそうですね。

光石研さんが仕事がなく苦しい時期を一緒に乗り越えてきた奥さんです。

奥さんの支えがあってこそ、今の光石研さんがあるといっても過言ではないでしょう。

結構お酒を飲むという光石さん。

お酒について聞かれこう答えていました。

スポンサードリンク

以前は誘われて外へ飲みに行ってましたけど、最近はもっぱら家呑みですね。
だいたい現場から帰って、家でちょっと呑んで、寝るという生活です(笑)。
ビール呑んで、それからハイボールかな。
いつもじゃないけど、女房にもたまに付き合ってもらいます。

女房はこっちの業界とは全然関係ないんで結婚してしばらくは俳優の不規則な生活に戸惑ったと思います。
今まであんまり考えなかったけど、この仕事をずっと続けられたのは家族の理解があったからかもしれませんね。
うん、家族にも感謝しないといけないかな(照れ笑い)

これを読む限り光石さんは愛妻家みたいですね。

しかも奥さんもお酒につき合ったり・・・

やはりお酌でしょうか!?

ちょっとちょっと亭主関白みたいなものを想像してしまいしたが、

光石さんはそんな感じには見えないので、

仲睦まじく生活されているのでしょうねえ・・・

もう30年間も連れ添っていると言う2人。

仲良く晩酌することや、年に一度海外旅行に行くということから、「おしどり夫婦」と言ったところでしょうか。

テコンドー経験者って本当?

光石さんのお嫁さんは、テコンドー経験者との噂があるのですが、どうやらこれは、「バイプレイヤーズ」というドラマの一こまから来ている噂のようです。

このドラマは、6人の名脇役と言われる俳優さんが、シェアハウスに住んだら・・・というテーマのドラマで、数々の不倫劇が繰り広げられます。

光石さんと山口紗弥加さんは、架空のドラマ「W不倫の悲劇」で共演。

山口さんは光石さんを、仕事仲間として自宅の夕食に招待しました。

ところが山口さんは光石さんに熱視線。

お酒の勢いでキス、光石さんにも口移しでワインを飲ませて、そのままベッドへ。

愛妻家の光石さん、不倫の道に転落。

バイプレイヤーズ3話
すぐに共演者に惚れちゃう光石さん。山口さんい自宅へ招かれ……
光石さんは文春砲をくらわなかった。
シェアハウスのみんなにも最後までバレていない。
けれども不倫相手だった山口さんからは二股かけられる側に。
だまされたことを知り、心底痛い目にあいました。
この瞬間に、はじめて本当の意味で、自分が家族と仲間を傷つけた、という事態を理解したのでしょう。

清算すべく家族の元にすぐに向かい、全部話した様子。

スポンサードリンク

テコンドーでボコボコにされていましたが、奥さんは外に言わなかったし、離婚もしていない。

家族の問題として、全部飲み込んで終了。

これってものすごくありがたい、感謝してもしきれない役者を「支える」家族。もう二度と裏切れないよ。

バイプレイヤーズ3話

個人的にですが、シェアハウスに帰ってきたときの光石さんの「妻がテコンドーをやっていて・・・」というセリフは笑えました。

このドラマから来ている噂のようですが、ある程度実話も交えているドラマなので、奥さんは本当にテコンドー経験者なのかもしれませんね。

それにしても、テコンドー経験者の奥さんって怖すぎます。

息子は?

光石研さんについて調べると、「息子 歌手」というキーワードが出てきます。

しかし、詳しく調べてみると、子供はいないと言う情報から、息子がいるようだが詳しくは分からない。

という事で、ハッキリとは分からないというのが現在の情報をまとめた結果です。

そんな光石さんですが、「14の夜」という映画で、息子の持っているA◯を盗み見ると言う「ダメ親父」の役を演じていました。

極道役から、そういったコミカルな役までこなせる光石さんは、日本映画界に欠かせない存在だと言えます。

光石さんについて調べるともう一つ気になるキーワードが。

それは「自宅」というものです。

自宅の画像なども公開されているので、自宅についても調べてみました!

自宅は?

光石さんのご自宅は、東京都世田谷区の
閑静な住宅街にあるマンションなのですが、

ご自身でデザインを考えられ、
リフォームされています。

天井を取っ払って開放感を出した部屋には、
こだわりの家具やオブジェなどが配置されています。

おしゃれですね。

家具やオブジェなどは、
直感に従って、買い集められたそうです。

すごいセンスですね~

オフの日には、ご自宅で、音楽を聞きながら、
まったりされているそうです♪

ほんと、こんなお部屋なら、
まったりできそうです~

インテリアは、子供の頃から好きだったそうで、

「実家のぼくの部屋は和室の4畳半だったので、狭い部屋をなんとか模様替えをしたり、机を移動させたりして、楽しんでいましたね。

それで、東京に出てきて、一人暮らしを始めたんですけど、ちょっと郊外の広めの部屋に住んで、
タイルをはったり、壁や押し入れを白く塗ったりして。

本当はいけないんですけど(笑)。」

とおっしゃっていました。

おしゃれな家で家族で過ごす、「マイホームパパ」というところでしょうか?

外では名脇役、家では素敵な旦那さん。

それぞれの役を見事に演じきる光石さんですが、年をとりますますかっこ良くなったような気がします。

これからも光石さんに注目です。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*