中山秀征の嫁の白城あやかとの結婚までの馴れ初めは?豪華な結婚式だった?

シューイチなどバラエティのMCで大活躍のヒデちゃんこと中山秀征さん。
宝塚スターを嫁にもらった話は有名ですが、結婚までの馴れ初め、結婚式について紹介します。

中山秀征プロフィール

名前   中山秀征(なかやま ひてゆき)
職業   お笑い芸人 (男優)
都道府県 群馬県
身長   172cm
体重   -kg
血液型  B型
誕生日  1967年07月31日(50歳)
• 1981年。児童劇団(NAC)に入り、その三ヶ月後、火曜サスペンス劇場(日本テレビ)「狙われた女教師」に出演。
この出演がきっかけとなり、はやる気持ちを抑えきれず群馬を飛び出し上京。
• その時、中学三年生。知人や学校の先生の家に下宿させてもらい、オーディションを受け、チャンスを待つ日々が続く。
• 1984年。渡辺プロダクションに見事合格。翌年にABブラザーズとしてデビュー。
お笑い、ドラマ、歌手など、マルチな活動を始める。同年「ハーフポテトな俺たち」(日本テレビ)でいきなり主演に抜擢。また、1985年、ニッポン放送「オールナイトニッポン」(毎週土曜日の夜深夜四時間の生放送)で史上最年少パーソナリティを務める。
• 翌年、歌手としてデビューを果たす。タイトルは「明日にONE WAY」作詞は名作詞家の秋元康。
• その後、ソロとしての活動開始。1992年に日本テレビ「DAISUKI!」スタート。この頃にはレギュラー14本をこなし、多忙な日々を送る。その他にもトークライブ「中山秀征VS山田雅人”ほーへーとー!”」や、歌手としてロックンロールをステージ上で展開。オリジナル曲「夏だ!」などを発表。
• そして、中山にとって大きな転機となる作品に出会う。中山のバラエティーとライブで見せる二つの顔と、「昼は下着会社のサラリーマン、夜は三代目」のというイメージが見事にリンクし、ドラマ制作者から白羽の矢が立つ。それが、近藤静也役として活躍した、人気マンガのドラマ化「静かなるドン」(日本テレビ)である。
• 言わずと知れたこの作品は、中山にとっての代表作となり、芸能生活十周年の節目を主演ドラマで飾る。主演作は、デビュー作「ハーフポテトな俺たち」以来の十年ぶりであった。初代マネージャーと交わした「また必ず主演ドラマに出演しよう」という約束を果たす。
• その頃、趣味でもあったボウリングで、プロテストを受けるためアメリカで猛特訓。結果、不合格となるが、その時培った腕を遺憾なく発揮し「新春かくし芸大会」(フジテレビ)で見事なパフォーマンスを披露。
• 仕事も順調な三十代。私生活にも転機が訪れる。元宝塚歌劇団星組娘役トップ、白城あやかと出逢う。初めて出逢った時、結婚すると直感、1998年に見事ゴールイン。現在は四人の子供を授かり、第30回ベスト・ファーザー イエローリボン賞、イクメン・オブ・ザ・イヤーを受賞。本人曰く、妻と子供あっての受賞とのこと。
• 結婚した同年に「ウチくる!?」(フジテレビ)がスタート。中山の代表番組となり、結婚生活と時を同じく、同番組との歴史を築いていく。また、これまでになかった「パパ」としての顔を、テレビで見せるようになる。
• 1999年、新橋演舞場にてロングランをおさめた舞台「上を向いて歩こう」、2007年には元宝塚歌劇団月組トップ、真琴つばさと共演した「SHOW店街組曲」でミュージカルに挑戦。 さらに活躍の場を広げていく。
• 2002年には名キャスター鳥越俊太郎との番組、TBSラジオ 「CUBE」がスタート。情報番組の先駆けとなる。
• 2005年。デビュー以来、念願の帯番組「ラジかる!!」(日本テレビ)がスタート。生放送ならではの、ハプニングなどもあり、話題性のある番組に。この番組を通じ、数々のスターが誕生していく。
• 「お昼の顔」としての中山秀征が確立する。2011年からスタートした「シューイチ」(日本テレビ)で、「日曜朝の顔」として活躍中。
• 本年、2012年は芸能生活三十周年を迎え、初心に戻り、積極的に新たな事にチャレンジ。これからもさらに飛躍し続ける中山秀征の活躍に期待していきたい。

白城あやか

1986年、宝塚音楽学校入学。74期生。
1988年、宝塚歌劇団入団。入団時の成績は5番。
『キス・ミー・ケイト』で初舞台を踏み、花組に配属。同期には和央ようか・麻乃佳世・森奈みはる・渚あきら。
1991年、『春の風を君に…』にて新人公演初ヒロイン。その後、星組に組替え。
1991年、『グランサッソの百合』にてバウホール公演初ヒロイン。
1992年、『白夜伝説/ワンナイト・ミラージュ』より、紫苑ゆうの相手役として星組トップ娘役に就任。
1994年、紫苑の退団に伴い、後任に麻路さきがトップスターに就任し、相手役を務める。翌1995年、阪神・淡路大震災直後の2月名古屋中日劇場『若き日の唄は忘れじ/ジャンプ・オリエント!』を麻路と共に無事につとめ上げ、3月に『国境のない地図』にて新トップコンビお披露目。
在団中は『紫禁城の落日』の浩、『うたかたの恋』のマリー・ヴェッツェラ、『若き日の唄は忘れじ』のふく、『国境のない地図』のベロニカ/ザビーネ、『エリザベート -愛と死の輪舞-』のタイトルロールのエリザベート、『カサノヴァ・夢のかたみ』のポンパドゥール夫人、『武蔵野の露と消ゆとも』の皇女和宮等、多様な役を演じた。唯一のコメディ作品とも言える『Action!』ではコメディエンヌとしての才能も披露した。
1997年3月31日、『エリザベート -愛と死の輪舞-』東京宝塚劇場公演の千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。
私生活では退団後の1998年に中山秀征と結婚。現在は4人の息子の母である。当初は家事・育児に専念していたが、2002年にテレビ番組の『Takarazuka Cafe Break』の司会や、夫婦揃ってのCM出演、2006年の『エリザベート10周年ガラコンサート』への出演など行っている。
2011年には、自身のブログ(アメブロ)を開設した。
実家は足立区のパチンコ屋さんという噂です。

中山秀征の実家は縫製の工場を経営

中山秀征さんの実家は、群馬県藤岡市
「中山縫製」という工場を経営していました。

父の教男さん、母の美江さん、兄、正史さんの4人家族。

早くから芸能界に憧れており、中学3年生の時に、単身東京へ。
知り合いの家に居候していたそうですが、とうとう高校の担任であった
先生の借家に居候することに。

その後、高校1年生の時に、NHK番組「英語にチャレンジ」の仕事をとり、
第二の吉川晃司を募集するオーディションに合格。
「明日に ONE WAY」で歌手デビューされました。

スポンサードリンク

沢尻エリカとの確執

MC歴の長い中山。「一番大変だったゲストは?」との問いに、「伝説の1つなんですけど、沢尻エリカさん。
今は落ち着いていらっしゃいますが、ギンギンでいらっしゃった頃。攻めの時代」と当時の彼女を振り返った。
沢尻エリカとはその後「シューイチ」で和解しましたね。

ダウンタウン松本は共演NG

長年にわたり、共演NGだといわれているのがタレントの中山秀征(49)。
きっかけ20数年前にさかのぼる。
東京に進出したダウンタウンが、後輩芸人の今田耕司(50)や東野幸治(49)らと“ダウンタウン一派”を結成するようになった頃、
在京キー局で人気司会者の座に君臨していたのが中山だった。
当初、松本はライバル視する程度だったが、中山がテレビ番組で「レギュラーを十数本持っている」と自慢げに発言したことから、嫌悪感を抱くようになったという。
バラエティー番組で中山と共演することになった今田に“中山つぶし”を命じた他、
1994年に執筆した『遺書』(朝日新聞社)では、中山のことを「エエ人エエ人って言われてるけどぜんっぜんエエ人ちゃうで」と記すなど、松本の怒りはヒートアップ。
その後も関係が修復されることはなく、今もなお、二人の仲は冷え切ったままらしい。

薬物で逮捕疑惑?

 

薬物で逮捕された元プロ野球選手の清原和博さんと、中山秀征さんが交流があったことから、ますます中山秀征さんの薬物疑惑がささやかれるようになりました。

清原和博さんが逮捕されたころに、週刊誌やネットで次の逮捕されるのは誰だ?と噂になりました。

次に逮捕される候補として挙がっていた「大物司会者」と言われるのが、実は中山秀征さんだったという説です。

脱税で家宅捜索にあった知人の自宅から薬が発見されて、そして薬物で逮捕された清原和博さんと交流があれば、そりゃ、疑われますよね。

スポンサードリンク

中山秀征さんもたまにテレビで見ると、結構疲れたような表情されてましたし、いつも顔も浅黒く、目下には若干クマみたいなものも確認できることから、ますます、ネット民にも薬物疑惑が疑われたりしました。

 この手のデマは芸能界やスポーツ界で誰かが薬物で逮捕されるとその交友関係で逮捕の噂が出ますね。

おニャン子クラブのゆうゆと交際

ドラマの俳優やバラエティーの司会者などを務めるマルチタレントの中山秀征ですが、彼は2010年に出演した「しゃべくり007」でおにゃんこクラブ会員番号19番の岩井由紀子ことゆうゆとの交際を暴露したことで一時期話題となりました。
中山秀征が「しゃべくり007」で暴露した内容によると、当時は携帯電話などがなかった時代なので、マネージャーに見つからないようにこっそりと連絡を取り合ったりしていたとのことでした。
おそらく、中山秀征が岩井由紀子と付き合い始めたのは「おニャン子クラブ」の解散後かと思われますが、
仮に「おニャン子クラブ」の活動中から交際しており、かつそのことがバレていたらとんでもない騒ぎになっていたことでしょう。
岩井由紀子は絶大な人気を誇るアイドルであり、片や中山秀征はしがない駆け出しのタレントという立場でしたからね。

ひょっとすると、怒り狂ったファンから闇討ちを食らっていたかも知れません。

7年という長い交際期間を経たものの、最終的には中山秀征と岩井由紀子は破局し、中山秀征は元タカラジェンヌの白城あやかさんと結婚することになります。

今となっては若かりし頃の出来事という感じになってしまいました。

1998年に結婚

 
妻は1998年に結婚した元宝塚歌劇星組トップ娘役の白城あやか(49)。
宝塚ファンだった中山が公演を見て一目惚れし、交際を申し込んで結婚に至った。
白城に初めて会った際「つき合っている人はいるんですか?」とたずねたところ、白城の表情が曇り、「ああ、言わなければよかった」と深く後悔。
しかしその後、中山の誕生日に白城から花が届き大喜びして、正式に交際を申し込んだエピソードなどを黒柳徹子(83)に語った。
ところが、その後VTRで登場した白城から、中山も初めて聞く真実が…。
初めて会った中山から「つき合っている人はいるんですか?」と質問されたときの気持ちを問われた白城は「芸能人の方ってみんなにこうやって言ってるんだと。気をつけようって思いました」と告白。
そして、中山の誕生日に花を贈ったことについても、舞台人の中では花を贈り合うことが普通のことだったとし、「特別な意味もなく贈ったんです」と、今だから言えるエピソードを明かした。

当時の芸能界の結婚式といえば超豪華!

芸能人から関係者まで総勢600人が出席され、
元宝塚の奥さんということで、宝塚歌劇団による『すみれの花』の大合唱などが行われたそうです!

写真などはありませんが、スターとタカラジェンヌの結婚式ですから、豪華だったんでしょうね。

中山秀征・白城あやかには息子が4人!

中山秀征さん・白城あやかさんの間には、4人の息子さんがいます。

長男・翔貴くん(大学1年)

4人兄弟のお兄ちゃんの翔貴くん。
中山さんにはあまり似ていないかも?

次男・脩吾くん(中学2年)

昨年末の写真。
中学生ですがお母さんとも仲がよさそうです!

この時のブログで、白城さんは「とうとう次男にも身長抜かされた」と綴っています。

三男・敬吾くん(小学6年)

こちらはお手伝いする三男の後ろ姿。
基本的に、長男以外は顔出ししていないようです。

四男(小学5年)

四男は名前が不明なようですが、白城さんがブログ内で「たぁーさん」と呼んでいます。
こちらも白城さんのブログ写真ですが、右の写真に三男と四男が写っています。

また、4人とも全員青山学院に通っており、野球をしていることがわかっています。

育て方は奥さんの宝塚仕込みの厳しいしつけをしていたそうですが、
お母さん仕込みの朗らかな性格だそうです。
 
中山秀征さんと嫁の白城あやかさんについて紹介しました。
あまり番組内で家族の話をしない中山秀征さんですが、
テレビでは多忙ですし、休日は野球一家で息子の応援に行くくらい家族思いのようです。
スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*