高杉亘の元嫁の高田聖子との離婚理由は?再婚相手はどんな人?

テレビドラマ「踊る大捜査線・歳末特別警戒スペシャル」で、
警視庁特殊急襲部隊の隊長、草壁中役を演じた俳優の高杉亘さん。
元嫁の高田聖子さんとの離婚理由や再婚相手について紹介します。

高杉亘のプロフィール

高杉亘(たかすぎこう)は日本で活動する俳優。
1964年11月4日生まれ。
東京都出身。
事務所はディグカンパニー。
血液型はO型。
高杉亘は、文学座付属演劇研究所を卒業後、数々のテレビ・映画・舞台に出演する。
代表作は、ドラマ・映画・舞台にも展開された『踊る大捜査線』シリーズ。警視庁警備部特殊急襲部隊の草壁中役を演じた。
『しゃばけ』(フジテレビ系)で共演したNEWSの手越祐也とは、収録の最初から冗談を言えるような関係で仲が良い。

高田聖子プロフィール

高田聖子(たかだしょうこ)
女優
1967/7/28生まれ
しし座 B型
奈良県出身
身長160cm 体重48kg
特技 イラスト
趣味 ぬかずけ
デビュー年 1987年
劇団☆新感線の看板女優 (1987年より参加)
阿修羅城の瞳 (舞台)
代表作品
1996年 燃えよピンポン〜OLドラゴン危機一髪 (映画)
1998年 やんちゃくれ (NHKテレビ)
2015年 いやおうなしに (舞台)
2015年 五右衛門VS轟天 (舞台)
高田聖子は子供の頃からお笑いに興味をもっており、いくつものオーディションを受けたが落選を続けた。高校生の頃NHK放送劇団へ入団。
 大学時代に学校内を友人の女優・羽野晶紀と歩いていたところ、古田新太にスカウトされ劇団☆新感線へ入団する。
小劇場ブームを牽引し、若い頃は「東の長野里美、西の高田聖子」と云われた。
 1995年には自らがロデュースユニット「月影十番勝負」を立ち上げた。

高杉亘は2003年12月12日に高田聖子と結婚

女優・高田聖子(36)と俳優・高杉亘(39)が結婚していることが13日、分かった。
この日初日を迎えた映画「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」(手塚昌明監督)の
舞台あいさつ上で、同作に出演する高杉自身が「来年ヒロインのだんなやりたくて、
昨日入籍しました」と高田との結婚を報告した。

関係者によると1998年、NHK朝の連続テレビ小説「やんちゃくれ」で共演して以来、 親交を深めていた2人は今月初めに東京・代々木の明治神宮で挙式し、大安吉日の 12日に入籍を済ませたという。

高田は「劇団☆新感線」の看板女優。舞台を中心に活躍している。一方の高杉も 84年から舞台、ドラマに幅広く活動し、最近では「踊る大捜査線2」にも出演した。

高田聖子の実家は法隆寺?

仏教学・歴史学研究でも知られた法隆寺(奈良県斑鳩町)の元住職で長老の高田良信(たかだ・りょうしん)師が26日、老衰のため死去した。
76歳だった。奈良県出身。葬儀は近親者で行った。
女優の高田聖子さんは長女。
とお父様は法隆寺の元住職さんで、高田聖子さんは長女と2017年4月にお父様の訃報が報じられています。

高杉亘、高田聖子夫妻が離婚!

スポンサードリンク


俳優の高杉亘(42)と女優の高田聖子(39)が昨年(2006年)4月に離婚していたことが明らかになった。

24日付のスポーツ報知によると、お互い仕事が忙しく、すれ違いの生活が続いたためで、不仲が原因ではないという。
約2年半の結婚生活だった。
2人はNHKドラマの共演で知り合い、交際。同棲生活を経て03年、12月に結婚。
今回、離婚はしたものの友人関係は続いているらしい。
高杉は、84年に文芸座付属演劇研究所を卒業して舞台デビューを果たし、後に大ヒットしたドラマ&映画「踊る大捜査線」シリーズに出演。
SATの草壁中隊長役を好演するなど、警察官役、特殊部隊の中隊長役を多く演じる俳優。
一方、高田聖子は、高校時代にNHK放送劇団に入団。
大学に入学直後、俳優の古田新太にスカウトされ「劇団☆新感線」に入団し、羽野晶紀と並ぶ看板女優となった。
現在、ドラマを中心に映画やCMなど多数こなしている。
約2年半で離婚してしまった高杉亘、高田聖子夫妻には子供はいないようです。

高杉亘は再婚した?

再婚相手についてニュースはあまり出ていませんが、
下記のような情報もありますので、再婚しているかもしれません。
その後、いつ頃かは分かりませんでしたが、
高杉さんは、12歳年下の一般女性と再婚。

高杉亘は嵐の二宮和也と仲良し

15日放送のフジテレビ系バラエティ番組「VS嵐」(毎週木曜よる19時)にて、ゲスト出演した俳優の高杉亘が嵐の二宮和也のデビュー当時のエピソードを暴露。
二宮も恥ずかしがりながら、当時を振り返った。

高杉は二宮に「忘れられない思い出」があるとして、嵐5人が出演した同局系ドラマ「Vの嵐」での共演時のエピソードを披露。
同ドラマで高杉は、男子高校生役の嵐の5人が何かと立ち寄るコンビニエンスストアの店長を演じていたが、当時を振り返り「(二宮は)空き時間に、本棚の下にしゃがんで『CMやりてえ、CMやりてえ』って言ってたんだよね」と暴露した。

高杉の突然の暴露に、思わず顔を覆ってうつむいた二宮。恥ずかしがりながらも「(ジャニーズ)ジュニアの頃にね、(CMに)1回か2回出させて貰ったんですよ。(それで)記帳が趣味だから銀行に行くじゃない。CMやった時の残高の跳ね上がりがすごかったの」と理由を告白し、スタジオを笑いで包んだ。

高杉亘は松田優作に似てる

Wikiにも
松田優作を彷彿とさせる風貌と低音ボイスで知られる個性派役者。
と書かれていますし、ファンのブログなどでも似てると評判です。
一方高田聖子さんは松浦亜弥さんに似てると噂されています。

高杉亘と高田聖子の最近は?

高杉亘さんは、WOWOW連続ドラマ『銭形警部』に出演したり、お笑い芸人のバカリズムと、アンタッチャブルの山崎弘也がMCを務めるテレビ朝日系バラエティ番組『笑×演(ワラエン)』で芸人が書いたネタを俳優が演じて披露するという番組に出演したり、ドラマからバラエティまで幅広く出演されています。
一方、高田聖子さんはご自身が率いる月影番外地の舞台はもちろん、
根本宗子が作・演出で3人の40代女性を巡る会話劇「皆、シンデレラがやりたい。」の主演を務められたりと舞台を中心に活躍されています。
スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA