竹内力の嫁は元ホステスでフィリピン人なの?過去、イケメン銀行員だったの?

竹内力、といってまず思い出すのが『難波金融伝・ミナミの帝王』ではないでしょうか。
Vシネマに数多く出演され、今では地上波のテレビドラマにも出演していますが、
やはりイメージは強面のそっち系の人ですね。
バラエティなどでは明るく、面白いキャラも見せていますが、
そんな竹内力さんの家族、若い頃について紹介します。

 竹内力プロフィール

竹内 力(たけうち りき、1964年1月4日 – )は、日本の俳優、タレント、歌手、プロデューサーである。
所属事務所は自らが設立したRIKIプロジェクト。

身長180cm、体重79kg、血液型A型。

普通自動車免許、大型自動車免許、大型自動二輪車免許(限定解除)所得。特技はアクション、札勘。愛称は「力さん」、「力ちゃん」。

若い頃の竹内力がイケメンすぎる!!

竹内力のデビュー作は1986年、『彼のオートバイ、彼女の島』です。
デビュー作でありながら、ちょっとキザで、さわやかな若者をちゃんと演じているのも好感が持てる。
この時期の角川映画に頻繁に出演し、本作にも巧の友人・小川敬一役として出演している高柳良一より圧倒的に場数が少ないのに、演技の面では、はっきり言って既に高柳より上手い。
まあ高柳は俳優の仕事は学生までと決めており、演技の上達にはそれほどこだわらなかったらしいので、比べてはいけないのかもしれないが、竹内は後にVシネで大物俳優になる片鱗は見せている。
 
竹内力は若い頃、イケメン俳優としてトレンディドラマなどに多数出演していました。
1986年放送の『セーラー服通り』に出演していた竹内力です。
若い頃の竹内力はとってもさわやかな顔をしています。『セーラー服通り』は渡辺美里の代表曲『My Revolution』が主題歌だったことでも有名です。
1991年放送の『101回目のプロポーズ』にも出演していました。

――『101回目のプロポーズ』(フジテレビ系)の頃、爽やか青年役でした。『ミナミの帝王』はコワモテの役ですが、キャラ転換は難しかった?

竹内:みんなそう思ってるようだけど、たまたまヒットした作品のイメージがついちゃうんだよなぁ…。

他の作品では、オールバックのヘアスタイルの方が多かったんだけどね。
だから『101回目のプロポーズ』の時は、髪の毛を下げて好青年を意識して頑張っていました。
なんてったって、ストレスで「頭に十円ハゲ」ができたからね(笑い)。
田舎の友達からも似合わない役柄で気持ち悪いと言われるし、
撮影では普通に歩くと「ガニ股」だと監督から言われるし、
あれは非常に辛かったね。控室にいる時点から…しんどかったわ!
疑っては失礼ですけど、竹内力さんは本当に若い頃はイケメンで売っていたんですね。
101回目のプロポーズにも出ていたとはびっくりです。

竹内力は俳優になる前は銀行員だった!

銀行員時代のエピソードはあるイベント会場で、竹内力さんが
話しています。
俳優・竹内力が30日、都内で行われた映画『王様のためのホログラム』(2月10日公開)公開直前イベントに出席した。
人生の転機を迎えた主人公が新たな一歩を踏み出す物語にちなみ、
自身は高校を卒業後の2年間、銀行員だった過去を告白。
コワモテなイメージが定着している竹内だが

「一切、勉学はできません。高卒ですから。でもなぜか運良くいい担任と会いまして、そういう企業に推薦で入れました」と入社経緯を明かした。

「世の中でいうと硬い(銀行)ですかね。
普通の銀行員は七三分けか、刈り上げてましたが、
自分の場合は16のときからずっとパンチパーマとかリーゼントだったので、それでも入れた。昔はいい時代だった」

としみじみ。「突っ張ってても単車に乗ってても、道徳心があれば、教師に好かれてしまう」と胸を張った。

しかも働いていたのは「大阪の都市銀行。いまの三菱UFJ銀行ですね。時代とともに統合しました」

スポンサードリンク
スポンサードリンク
イベントは華麗な札さばきも披露し「これが役に立ったのが『ミナミの帝王』」としたり顔を浮かべた。
イベントでは、実際に当時の社員旅行での集合写真や、リーゼント頭のままで窓口で働いている姿も公開。
竹内は「会社ではスーツらしきものを羽織ってますが、ネクタイもしてなかった。袖もめくってやってました」と懐かしんでいた。
あのミナミの帝王「萬田銀次郎」役の竹内力さんが「闇金」ではなく、
都市銀行の銀行員だったとはびっくりです。
どこの銀行かと調べたら当時の三和銀行のようです。

結婚はしているの?

竹内力さんは2度結婚されています。
  1度目は2000年飲食店経営の16歳年下の女性と結婚。

 

当時「ミナミの帝王」の大ヒットで多忙だった竹内さん
とのすれ違いが原因で2006年離婚。

2度目のご結婚が現在の妻で2010年11月に再婚。

竹内さん47歳で、10歳年下(当時)37歳の妻由紀子さんと結婚。

俳優の竹内力(47)が再婚していたことが8日、わかった。

所属事務所によるとお相手は37歳の一般女性(37)で、2009年12月に知人のパーティーで知り合い、
昨年11月11日に婚姻届を提出。夫人は妊娠しておらず、竹内はこの後新作映画の撮影が控えており、会見などは行わない。

竹内力さんの子供は?

竹内さんは1度目の結婚でお子さんも1人。そして再婚された妻にも子供がおりお互い
バツ1同士の子連れ結婚なんだそうです。

2度結婚されている竹内力さんですが、どちらの奥さんもフィリピン人ではなさそうです。
またホステスをしていたという情報もありません。
ミナミの帝王でのホステスのイメージが強すぎて、噂になっているのでしょうか。
どちらの奥さんも、子どもも一般の方なので、画像はほとんど出回ってはいませんでした。

 

[関連記事]竹内力の嫁との離婚理由は『若かったから?』

 

竹内力の自宅がすごい!

一番多い時でも27本の作品に出演されていましたから、その出演料は単純計算でも2億7千万円になるということが分かります。

そんな大成功をおさめた竹内さんですから自宅も超豪華、白亜の豪邸は土地代も含めて約11億円といわれてるんですよ。

手前に写っているペガサスの像は竹内さんがデザインして作ったものらしいのですが、白亜の豪邸に似合っています。

この建物は、都内の自由が丘に位置しており、もともとは大使館として使われていたものを竹内さんが購入。

部屋数は16もあり、お風呂も5つ、リビングなんか70畳もあって普通の人では考えられない規模のお家なんですね。

竹内さんは、自宅でパーティーを開くこともあり、200人を招いたこともあるそうです。

さすがVシネマの帝王。自宅も立派ですね。

2015年には本格演歌「桜のように」を配信

 
20年以上の付き合いだったという今は亡き友人を想って竹内自身が作詞し、
「彼の歌を聞き、自分が演歌へのレールを敷いてあげたい」と山本譲二がプロデューサーとなり、
山本の盟友・吉 幾三に作曲を依頼したという、
男演歌「桜のように」。
竹内は、「若かりし頃、夢を語り仕事で切磋琢磨し、酒を呑み。後年は自分にとって最も信頼出来る人間であった親友が、数年前に他界しました。
本当に格好いい男でした。今でも彼の事に想いを馳せると、すぐ傍で見守っていてくれている感覚です。
彼も人生を全うし“俺も前を向いて残りの人生を歩んで行くから見ていてくれ”との想いを込めた歌です。
友を持つ全ての人に聴いて貰えると嬉しく思います」とコメントしています。

竹内力の白目が話題に。

 

フジテレビで毎週月曜日の19時57分から放送されている。

バラエティ番組の「スカッとジャパン」が、放送されていました。

「スカッとジャパン」の中の1つ「リキッとジャパン」という’コーナーで、

竹内力さんが迷惑な人達を、あの迫力ある顔でやっつける人気のシリーズなんですが

竹内力さんが、ヤバ過ぎな「白目」で迷惑な人達をやっつけるという展開に。

 

これを観た視聴者の反響が実に「スカッ!」っと、しますよね。(笑)
と評判のようです。

強面で名前に「力」が入っているので、安岡力也さんと混同して、竹内力也だと思われることも多いとか。
実際の竹内力さんもお堅いイメージの銀行員からの俳優転向であったり、
俳優さんとしてもイケメン俳優からVシネマへの強面俳優へと転身されたり、
今後どんな新しい竹内力キャラが発信されるのか想像もつきませんね。
スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA