大瀬康一の嫁は誰?息子や子供について。今現在は何してる?

今回は、大瀬康一さんについて紹介します。

大瀬康一さんとは?

大瀬康一さんはこんな方

生年月日:1937年12月17日
出身地:神奈川県横浜市

大部屋俳優だった大瀬は宣弘社プロダクション社長の小林利雄に見いだされ、国産初のテレビドラマの主役に抜擢された。当時、大瀬一靉(かずなり)という芸名で活動していたが、撮影開始にあたり、原作者・川内康範の名前の一字を採り、「康一」という名を与えられる。

日本のヒーロー史では欠かす欠かすことのできない「月光仮面」で一世を風靡します。
撮影当時、警視庁が撮影場所を提供してくれたり、自衛隊が協力してくらたりといった感じで想像を超えるスケールで撮影されました。

月光仮面の歌って、誰もが一度は耳にしたことってありますようね。それほど有名です。

スポンサードリンク

どこの誰かは 知らないけれど
誰もがみんな 知っている
月光仮面の おじさんは
正義の味方よ 善い人よ
疾風のように 現われて
疾風のように 去って行く
月光仮面は 誰でしょう
月光仮面は 誰でしょう

マントとサングラス、おもちゃのピストルで簡単に変装できることもあり、当時の子供に人気がありました。
そんな社会現象にまでなった人気のヒーロー月光仮面でしたが終わりは突然やってきました。

熱狂してまねした子どもが大けがをし、世論の集中砲火にあって終了せざるを得なくなったのだ。

なんか、あっけない感じで終わってしまいます。打ち切り…といった感じなのでしょうか。

月光仮面が終わった後、今度は隠密剣士を演じることとなります。
忍者ブームの先駆け的存在となり、こちらも大ヒットとなります。

その人気を物語るエピソードがこちらです。

 「浅草の国際劇場で(隠密剣士の)舞台をやった時、会場を観客が四重に取り巻いた時は鳥肌が立った」

大瀬さんはこうコメントしました。

絶大な、人気を誇り本人も引き際についていろいろと考えていたようです。
芸能界引退に関するコメントがこちらです。

 「大瀬という役者の山を登り切ったんだ。役者をやりながら『いつ降りようか』と考えていた。自分で登った山は下り方も自分で決める」

想像を絶する影響力に苦しんでいた感じがしますね。

結婚はしているの?嫁は誰なの?

大瀬康一さんは1969年に結婚しています。奥さんは元女優の高千穂ひづるさんになります。

スポンサードリンク

高千穂ひづるさんはこんな方

1948年に宝塚歌劇団第35期生として入団し、雪組に所属していました。
宝塚退団後は、東映に移籍し、時代劇を中心に女優として多くのドラマや映画に出演しています。
その後は二出川氏の事業を補佐する形で芸能界を引退しています。
その後は、公の場から姿を消しています。2000年以後は度々メディアに登場する機会もあったとのことです。

2000年代以降は、過去の出演映画を題材としたトークショーに時折出演している。2010年8月7日には、東京・池袋の新文芸座で開催された『映画監督内田吐夢没後40年回顧「命一コマ」巨匠・内田吐夢の全貌』のトークショーに出演した。

2016年6月、既に亡くなっていることが明らかになりました。

既に逝去されているのですね。83歳とのことです。
画像を見る限り、美しい女性といった感じですね。

二出川延明さんはどんな人

野球ファンであれば一度は意味にしたこと名ある名前ではないでしょうか。
「俺がルールブックだ」の名言で知られます。

これは1959年、毎日大映オリオンズ対西鉄ライオンズの試合。2塁手のクロスプレーで「セーフ」のジャッジをした審判に対して、西鉄ライオンズの三原脩監督が抗議しました。この時、塁審は「走者の足と送球が同時だったのでセーフだ」と説明、これに対して三原脩監督は「同時はアウトではないのか」食い下がります。しかし、判定は覆らず三原脩監督は二出川延明のいる審判控え室に出向きました。二出川延明に対し三原脩監督は同様の抗議を行いましたが、二出川延明は「同時はセーフとルールにも書いてある」と説明し判定は覆りませんでした。これに納得できなかった三原脩監督は二出川延明に「ルールブックを見せてくれ」と二出川延明に詰め寄りますが、俺に対して二出川延明は「俺がルールブックだ」と告げ、三原脩監督の講義を二出川延明は退けたのです。

引退後は事業を行い、野球関係からは完全に離れてしまったのですね。

子供はいるの?息子さん?

高千穂ひづるさんとの間に子供がいるといった情報は見つかりませんでした。
ただ、お二人とも芸能界を引退されて年月が経過していることもあっり、お子さんがいないとは断定できません。
大瀬康一さんについて調べていると、キーワードに子供とあるので、おそらく当時の男の子に人気のあった月光仮面を演じていた役者ということ、息子や子供がファンだとか楽しみにしていたといったことから関連付けられたものかと思われます。

現在はどうしているの?

 

現在は芸能界を引退して、実業家としての道を歩んでいるようです。
舅でもあるプロ野球審判員として知られる二出川延明さんに、引退して事業を手伝ってほしいと頼まれたことで引退を決意されたを言われています。

二出川さんの事業を高千穂さんと2人で手伝い、二出川さんが亡くなった後は飲食チェーン店や貸しビルなどを行い現在に至っています。

おそらく芸能活動を再開するといったことはないような感じですね。

まさに、「疾風のように現われて、疾風のように去って行く」といった感じの芸能活動といった印象です。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.