江守徹の嫁や息子について。現在は病気って本当?

今回は、江守徹さんについて紹介します。

江守徹さんとは?

江守徹さんはこんな方

本名:加藤徹夫
職業:俳優、演出家
生年月日:1944年1月25日
出身地:東京都

 

高校卒業後、文学座の演劇研究所に入る。
64年、舞台「大麦入りのチキンスープ」で主役に抜擢され、68年には映画「兵隊やくざ・強奪」で注目される。
75年のNHK大河ドラマ「元禄太平記」はじめ、テレビドラマにも多数出演。
シェークスピアの演劇論に精通し、「オセロー」「ハムレット」が代表作。

舞台や映画などで俳優業をこなす一方、戯曲の和訳や劇作家・演出家としても活躍している才能豊かな方です。
俳優の中尾彬さんとの親交が深く、以前はバラエティ番組でよくお二人で出演する場面が数多くありました。
そんな存在感があるは役者さんでもあります。

江守徹さんの嫁はどんな人?

江守徹さんは、1971年に旅公演で出会った俳優座の女優さんと結婚されています。
1男2女の3人のお子さんに恵まれたといった情報があります。
お酒の場で、芝居仲間と議論などを始めると暴走してしまうのだとか…。

酒豪として有名な江守徹さんですが、酔いつぶれると、夫人が必ず車で迎えに来て、おとなしく夫人に従って家に帰るといった話が聞かれます。

スポンサードリンク

唯一、江守徹さんをたしなめられる人であるとのことです。
後ほど、詳しく触れますが江守徹さんが脳梗塞で倒れた際、夫人の支えがあったからこそ脳梗塞から復帰できたといわれています。
江守徹さんにとって欠かせない存在であることは間違いないと言えます。

江守徹さんが奥様について語っているインタビュー記事を見つけました。

妻は、結婚を機に家庭に入ったけれど、もともとは、俳優座の役者だったんだ。文学座の僕とは俳優座との合同公演で知り合ったんだ。容姿が気に入ってね。それで、僕からアタックしたんだよ。けいこ場でも、できるだけそばにいるようにしてたね。

合同公演が終わってから、思いは募る一方だったけれど、互いに旅公演があり、東北と九州に離ればなれになってしまった。そのときは、毎日、会いたい、会いたいというような手紙を書いたな。ドラマチックだなんて言う人もいるけれど、今でいうメールのやり取りみたいなものだね。

奥さんのことをすごく大切にしているといった気持ちが伝わってきますよね。
大変な愛妻家でもあるんですね。

息子さんがいるの?

スポンサードリンク

さきほど少し触れましたが、江守徹さんには1人の息子さんと2人の娘さんがいます。
既にお孫さんも2人いて、「徹」といった名前から「テッタン」と呼ばせているそうです。
ご家族にとっては優しい家庭人といった感じもありますね。

現在は病気と噂が?

江守徹さんは2007年に「脳梗塞」を患い入院していたといった情報があります。
その後は、自宅に戻り療養されたようです。
酒豪で知られた江守徹さんですが、これを機に大好きだったお酒を断ち、30分のウォーキングを始めたそうです。

病気を機に活動をしーブしているような感じが見受けられますね。

そんな中、江守徹さんは2015年7月13日放送の「徹子の部屋」に出演しており、その時の姿が以前とはまるで別人のよう…とインターネット上で話題になっています。

この時には、当時の病気の様子を語っていました。

その時、家に帰って、今日は少し、口の回りが悪かったなと思ったんです。自分でね。
そのとき、すぐ病院に行けば、よかったのかもしれない。それが「一晩寝れば大丈夫」ぐらいに思っちゃったんだな。
3回目なのに。
でも、自分では口の回らない感じが脳出血のときほどじゃない気がしたんです。バカですよね、本当に。

まさに油断といった感じなのでしょうか…。
大事に至らなかったことが、不幸中の幸いと言えますね。

脳梗塞とは?

脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり何らかの原因で脳の血のめぐりが正常の5分の1から10分の1くらいに低下し、脳組織が酸素欠乏や栄養不足に陥り、その状態がある程度の時間続いた結果、その部位の脳組織が壊死(梗塞)してしまったものをいいます。

脳梗塞を誘発する危険因子の「高血圧」「糖尿病」「高脂血症」の予防がそのままリスクを減らすことになります。
今すぐ日常生活で改善できるものとしては「禁煙」「過度な飲酒を避ける」「肥満解消」などがあります。
特に高齢者の方は脳梗塞になるリスクが高くなっているので、自らの生活習慣を見直すことで、より一層脳梗塞の予防につながります。

命に関わる重大な病の一つと言えます。

江守徹さんの現在は?

復帰後も、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」で、阿久沢権蔵役で出演していたり、舞台「トロイラスとクレシダ」でプライアム役として出演していたりと役者活動を続けられています。

以前のようにバラエティ番組でお見掛けすることはなくなりましたが、俳優業は続けられています。

また、江守徹さんは加藤武さんが亡くなられた後を受けて文学座代表に就任しており、
若い劇団員たちのお手本として、活動されています。

いつまでもお元気に活動し、元気な姿をいつまでも見せてください。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA