犬塚弘の嫁や息子について。現在は熱海で生活しているの?

今回は、犬塚弘さんについて紹介します。

犬塚弘さんとは?

犬塚弘さんはこんな方

職業:俳優
生年月日:1929年3月23日
血液型:A型
出身地:東京都
身長:179cm
体重:61kg

昭和29年の暮れ頃に専属バンドにいた犬塚さんに、お店に来ていたハナ肇さんから、「バンドを作らないか」と誘われたとがきっかけだといいます。
面白いことをやりたいといったことが、当時、ハナ肇さんにあったようです。

そのことが、「ハナ肇とクレイジーキャッツ」のきっかけとなりました。
そんな中、芸大生や芸術一家の息子など様々なメンバーが集まります。
クレイジーキャッツにあって、ジャズベーシストとして活躍しました。
クレイジーキャッツは、渡辺プロダクション専属のタレント第一号としても知られます。

「ハナ肇とクレイジーキャッツ」とは?

元々は「キューバン・キャッツ」の名で活動を開始しました。
演奏中に洗面器で頭を叩くギャグが大うけし、「You, crazy!」と言われたことから
「クレージーキャッツ」に改名しています。
音楽の経験やテクニックという点で卓越した点を持っており、単なるコントグループ、コミックバンドとは全く違う、「音楽の質の高さ」を兼ね備えた異色のバンドともいえます。
音楽+コメディという芸能活動を広めた第一人者である。

当時こういったスタイルのバンドは珍しく、異色バンドの原型とも言えますね。

スポンサードリンク

その後、犬塚弘さんは第二の人生として演劇の世界に挑戦することとなります。

昭和61年57歳の時犬塚さんは新たな人生を切り開こうと芝居の世界に飛び込む決断をします。
犬塚さんがひたむきに役に取り込む演技が評価されたこともありますが、セリフが人物の内面から出てくるまでじっくり稽古する事、若い役者たちと熱っぽく語りあう事等クレージーキャッツの時代とは一味違う喜びを感じたからだと言います。

芝居がやりたいと思ったら、年齢がいくつであろうと挑戦する姿には見習うものがありますよね。
後からやっておけばよかったと思うより、その時挑戦してみるほうが良いですもんね。
素敵な生き方ですね。

時代背景もあるのですが、子供の頃は苦労されていたようです。

親父からはどんなに偉くなろうが、威張るな、皆国民は平等だと小さいころから言われた。
父は商社マンでロンドン、インドに滞在、外国のジャズのレコードなどを集めていて、子供の頃手廻しの蓄音機でレコードを聞いていた。
当時ウクレレとギターがあった。
終戦後食べものが無くて辛かった、しかし家には人が結構いっぱい集まってきていた。

スポンサードリンク

コメントを見る限り、厳格な家庭に育ったようですね

妻はいるの?

いろいろと情報を調べてみたところ、犬塚さんの奥さんに関する情報はほとんど見つかりませんでした。
ですが、現在は奥さんに先立たれお一人で熱海で過ごされているといった情報もあります。
そんな中、次の情報を見つけました。
犬塚さんの当時聞いていた方のブログの記事です。

2015年12月に最愛の奥様に先立たれた。
小学校の低学年のときから大好きで思い続けた女の子と結婚。奥様は病弱だった。
そんな病身の奥様を生涯守り続けた。
だから犬飼さんが活躍していた時代にも表に出てくることはなかった。

奥様は大ヒットした昔の映画「我が生涯最良の年」(1946年公開)に主演した女優マーナ・ロイにそっくりだったそうです。

ただ、残念ながらこれ以上のことは分かりません。

マーナ・ロイさんとは?

アメリカ合衆国の女優で、良妻賢母な女性役を得意とし、戦前は日本でも絶大な人気を集めました。
1932年の『男の世界』や1936年の『巨星ジークフェルド』をはじめ、次々と話題作に出演し、
人気が頂点に達した。
特に1934年からはじまる「影なき男」シリーズは、ウィリアム・パウエルとの名探偵コンビが大評判となり一時代を築きました。

素敵な感じな女性なんですね。
犬塚さんにとってきっと自慢の奥さんだったのでしょう。

息子さんがいるの?

残念ながら、犬塚弘さんのご家族について調べてみましたが息子さんといった情報やお子さんに関する情報については、見つけることができませんでした。

定かではないのですが、奥さんは病弱であったとの情報があるので、お子さんはいなかったのかもしれません。

現在は熱海に住んでいるの?

犬塚さんは現在は奥様を亡くしておられ、お一人で熱海に住んでいるといった情報がありました。
クレイジーキャッツで仲間であった人たちも既に先立たれており、寂しい気持ちでいっぱいだとか。
年齢的なものもあり、最近はあまりテレビでその姿を拝見する機会がなくなってきています。
何となく切ない気持ちにもなってきますね。
ハナ肇さん、植木等さん、谷啓さん、犬塚弘さん、桜井センリ、安田伸さん、石橋 エータローといたメンバーですが、クレイジーキャッツを知る唯一の方となってしまいました。
いつまでもお元気でお過ごしください。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.