豊本明長の嫁は?結婚してたんだ・・性格は?

公式プロフィールの“特技”として「プロレス観戦」を挙げるほど
熱烈なプロレスファンで知られる、お笑いトリオ・東京03の豊本明長さん。

なんと、結婚していたんですね!←どういう意味(笑)

嫁は?

4015612d4c696d59d1a60907af09d572

結婚相手は「ミス・モンゴル」などのリングネームで活躍した女子プロレスラーの上林愛貴さん。

上林愛貴は北海道札幌市出身の女子プロレスラーで、大仁田厚が率いたFMW出身。

「ラ・マルクリアーダ」などのリングネームでも活躍しております。

女性の大仁田厚とも呼ばれているとか。

とてもカッコいいですね!

スポンサードリンク


結婚は、逆プロポーズ!?

上林さんが出場した27日の世界プロレス協会・新木場大会の試合終了後、

リング上で上林さんが逆プロポーズ。

これを豊本が受諾し、ツイッターでの「婚約発表」となった。

上林さんは、豊本さんへの感謝の気持ちを、続け、『結婚して下さい』と逆プロポーズ。

会場からは豊本コールが起こり、豊本さんは、結婚を承諾。

場内からは、大歓声があがったという。

fe9e46cb

いや~、逆プロポーズとか豪快ですね(^^)

お二人の関係からこういったことは必然だったかもしれませんね(笑)

WS000003


豊本明長

image8

豊本 明長(とよもと あきなが、1975年6月6日 – )は、日本のお笑いタレントであり、
お笑いトリオ東京03のメンバーでボケ担当。

スポンサードリンク

愛知県春日井市出身。プロダクション人力舎所属。

春日丘高等学校卒業。身長175cm、体重65kg。

普段から眼鏡をかけている。

レーシックを受け今は伊達眼鏡である。

大喜利が得意。2011年2月3日に開催された大喜利カードバトル「言語遊戯王8」に初参戦ながら優勝。

決勝では同大会の直近2回を連覇し、『IPPON グランプリ』での活躍も有名な若林正恭(オードリー)を破った。

ポケモンやラジコン・プロレス視聴を趣味としている。

その中でもプロレス好きは相当なものであり、小学生時代からのプロレスファン。
プロレス好きお笑い芸人の中でもマニアックとして有名である。

観戦団体はドインディー中心で、2010年7月から2013年5月まで

『週刊プロレス』で隔週連載されたコラム「東京03豊本のプロレス、知れば知るほど。」

でも北都プロレス巡業観戦記などのマニアックさが発揮された。

コラム連載後、プロレス関連の仕事が増えていった。


上林愛貴

blog_import_553207b2b9fdb

FMW所属として、1995年10月25日に上林愛貴の名前で、鍋野ゆき江を相手にデビュー。

1996年8月12日よりミス・モンゴルのリングネームで猛毒隊に加入し、
活躍の後に退団、その後KAIENTAI DOJOの師範代として設立に関わった後フリーランスとなりAkyに改名し、
伊藤道場入り後は本名に戻した。

伊藤道場解散後は再びフリーランスを経て、REINA女子プロレス旗揚げに参加。

REINAではゼネラルマネージャーも兼任。

REINA解散後は石橋葵、ミア・イム、K-DOJOの梶トマト、ヒロ・トウナイと「
世界プロレス協会」を結成した後、REINA×WORLDを旗揚げ。

現在は世界プロレス協会ごとREINAも離れK-DOJOや地方のインディを転戦している。

2001年、キャットファイト団体「Cat Panic Entertainment」(CPE)を立ち上げ、
Aky名義でレスラー兼プロデューサーとして運営にも関わっている。

このことから「キャットファイトの母」と呼ばれる。

また、ラ・マルクリアーダという覆面レスラーとしても活躍している。

大仁田厚曰く女版大仁田厚と言われている。

2014年6月、[カンバヤシ・レスリング・ファクトリー](K.W.F)を発足。

高円寺[レスリングカフェ東京](レスカフェ)を拠点にAky(上林 愛貴)

としてプロレスリングを通した多様なイベントを定期的に開催し、

気軽にプロレスに馴染める空間演出の提供を始める。

スポーツバー、レスカフェとコラボしてオリジナルカクテルやフード、イベントをプロデュースする。

主なイベントの趣旨は若手の育成を中心とした試合、音楽、トーク、映像イベントなど、
「もっとプロレスを好きになろう!!」がコンセプト。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.