橋本徹の嫁(妻)の大学は神戸?画像あり。不倫がバレた末路・・

政治家の奥さんともなると、テレビマスコミ、写真週刊誌など気苦労は相当なものだろうなと推測されるのですが、特別この人はここ数年、相当騒がれましたね。

橋下徹です。

「大阪を変える!」と言って、立ち上がったわけなのですが、関西出身の私としては、
大阪都構想は画期的だなーと思って興味津々だったのですが、惜しくも投票で負けてしまいました。

彼は思ったことでしょうね。

「生まれてくる時代を間違えた」

と。

元々は弁護士で相当頭がキレる橋下徹。

テレビでもバラエティ番組で大活躍でした。

大衆をわかせるトークが魅力的ですよね。

そんな彼の嫁はいったいどんな女性なのでしょうか。

スポンサードリンク

 

嫁は?

WS000088

1995年に学生結婚。
名前は、橋本典子。

お嫁さんは高校時代の同級生。

(大阪・北野高校に通っていた)

大学は神戸の女子大に通い、海外留学の経験もある帰国子女なのだそうです。

将来は、語学関連での活躍を有望視されていた人物だったそうで、周囲の友人はなぜ、すべてを捨て、橋本氏を選んだのかわかりかねていたそうです。

 

「ロマンチック、止めて♪」

とあるように、やはりどんな事であれ、恋には勝てないということでしょうか。

 

一歩の橋本氏は一浪して、早稲田大学政治経済学部に入学。

一年留年し、卒業しています。

大学一年生の頃、奥さんと6畳1間の古アパートで同棲を始めました。

甘酸っぱいですねー。
お金がない時期を一緒に過ごしているから、絆は言葉にできないほど堅いでしょうね。

 

お嫁さんの両親は結婚に大反対。

結婚は、駆け落ち同然だったそうです。

弁護士を目指していた橋本徹を、アルバイトをして支えたそう。

WS000087

2009年春の園遊会にて。
画像右が、夫人。

キレイな女性です。

 

大阪市長選でも橋下市長を気丈に支え、激励し続けた。

市長選の街頭演説にダメ出しも。

感想を聞いた橋下市長に対し、「あそこの言い方は変えたほうがいい。あれはこう言ったほうがいい」と意見。橋下市長は素直に受け入れていたという。

スポンサードリンク

春の園遊会で、敬語が苦手な橋下市長に「喋るな、話すな」と厳命。

 

完全に「かかあ天下」ですね(´・ω・`)

 

 

不倫がバレてしまい・・・(;´・ω・)

「妻ですか? そらもう相当、怒っていますよ。僕は妻と子供に謝り続けるしかない」と汗びっしょりでそう語ったのは、橋下徹大阪市長(43)。

 

その時の様子がコチラ。

WS000091

ことの発端は、『週刊文春』7月26日号で飛び出した『橋下徹大阪市長はスチュワーデス姿の私を〇いた!』と題する不倫告発記事。

’06年から’07年にかけて、知事選出馬の半年ほど前まで橋下市長と不倫関係にあったと元ホステスが暴露したのだ。

記事によると、橋下市長は当時、妊娠中だった典子夫人(43)を置いて、松下奈緒似のこの女性と肉〇関係に。

行きつけのラ〇ホテルでは、CAやOLのコス〇レをさせて喜んでいたという。

同時期には第6子が誕生し、さらに第7子まで授かっている。

そんな夫の裏切りに対し、結婚17年目の夫人の怒りは相当なものだったようだ。

「冒頭の会見の前日夜には、

『娘に制服着ろとは言えない』
『ものすごいペナルティが家で待っている』

と語るなど、まだ余裕がありました。」(市政担当記者)

 

その時の様子がコチラ。

WS000090

翌日のそれとは、真逆の超笑顔(笑)

 

「しかし、帰った橋下市長を待っていたのは鬼の形相の典子夫人だったようです。

そりゃあ、そうです。記事が本当なら、夫人は妊娠中にもかかわらず6人の子育てに奮闘していたのに、夫はホステスと不倫して、『妻はヒステリックなところもある』なんて喋っていたんですからね」(市政担当記者)

 

そりゃあ怒られますわな(-_-;)

 

[関連記事]橋下徹の嫁・典子夫人の実家はお金持ちのお嬢様なの?2017年更新情報。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA